JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 6761
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

はじめまして。

ユーザー評価:

はじめまして。
JA: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
Customer: 実は4年程前に、交通事故が原因で頸椎ヘルニアと診断され、現在も通院中なのですが、完治しておらず、痺れ、痛み等が持続している状況です。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 53歳、男性、ボルタレン、リリカ、メチコバール、頓服で胃薬を服用しています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 初診時診断名 頸椎捻挫から外傷性頸部症候群→頸椎ヘルニアとなり、検査、投薬、リハビリ、理学療法を続けており、現在は投薬、理学療法のみでこれ以上は良くならない様に言われております。 参考までに、事故翌日の検査結果ですが、モーションペインプラス、ジャクソン、スパーリングテストそれぞれマイナス、可動域検査異常無し。 さらに4日後にはジャクソンスパーリングプラスで、MRI検査にてc5/6c6/7に神経根の突出がある。mmtに関しては5です。   検査結果から言うとやはり病名は頸椎ヘルニアと言えるのでしょうか?経過とこれ以上良くはならないと言う点は仕方がないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

頸椎ヘルニアとしては矛盾のない検査結果かと思います。

 

4年経過していますので既に症状が不変の状態になっているならばこれ以上改善は困難だと思います。

 

何かするとすれば手術ですが、既に4年経過していますので、神経が不可逆的な損傷を受けており手術で圧迫を取り除いても症状は変わらない可能性があると思います。

質問者: 返答済み 12 日 前.
そうでしたか。了解致しました。 ただ、ジャクソンスパーリング、mmt、可動域検査が事故直後マイナスなので、書籍を見ると、全てプラスであってはじめて頸椎ヘルニアとならないとおかしいのではと思いましたが、そうでもないのでしょうか?

4日後にはジャクソンスパーリングプラスでMRIで所見がありますので。

 

診断が間違っていると思うのであれば、セカンドオピニオンに行かれてはどうでしょうか?

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
了解です。事故直後の検査結果はマイナスもあり得ると言う事でしょうか?又文献に記載されている様に初診時にスパーリング、ジャクソン、mmt、可動域検査全てプラスや異常とならなくても頸椎ヘルニアの診断名でおかしくないと言う事でしょうか?

はい。

医療 についての関連する質問