JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 713
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

妻が、僧帽弁閉鎖不全症腱索断裂と診断されています。現在は心臓肥大の傾向もみられず様子見となっていますが、いずれは形成術の

ユーザー評価:

妻が、僧帽弁閉鎖不全症腱索断裂と診断されています。現在は心臓肥大の傾向もみられず様子見となっていますが、いずれは形成術の手術を受ける必要があるといわれています。現在の医者には開胸での手術を進められていますが、妻は傷が小さい内視鏡での対応を望んでいるようです。ただし、手術の危険性の差、費用の差や、保険適用の差等がわからないため判断できずにおります。
このあたりの情報をお教えいただければ幸いです。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

状況について了解しました。

適応にもよりますが、

施設によっては、僧帽弁の形成術も低侵襲手術(MICS)で施行可能です。

MICSですと、胸骨正中切開はせずに、肋間に10cm程度の傷で施行可能ですが、

大学病院などの、大きなセンター病院で主に行われております。

Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 713
経験: 医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12372;回答ありがとうございます。回答いただいた内容に類する情報は把握しておりましたが、元の質問にも書きましたように
「手術の危険性の差、費用の差や、保険適用の差等がわからないため判断できずにおります。」
という部分の情報を入手希望です。
詳細は、直接大学病院等に聞くしかないというのが回答と受け取ってよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。

医療 についての関連する質問