JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 5088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

急性大動脈解離の慢性期の内科的治療を受けています。半年後の造影剤CTを受け、ヘソの位置付近にB型偽腔開存型の症状が残って

ユーザー評価:

急性大動脈解離の慢性期の内科的治療を受けています。半年後の造影剤CTを受け、ヘソの位置付近にB型偽腔開存型の症状が残っています。今後の予後を考えると、早期に手術をした方が良いのでしょうか。医師レベル、技術の進歩も有るでしょうが、手術の目安、ほうほう、リスク等今後の対応をご指導ください。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 男性、70歳です。① カルデナリン錠 1mg 朝1 降圧
②アムロジピン錠5mg 朝1,夕1 降圧
③アジルバ錠20mg 血 朝2 降圧
④マグミツト錠330mg 朝1,夕1 便秘
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 慢性期の手術は1年以内に実施する方が予後の結果が良いと聞いていますが、数年後の手術の可能性について良否を指導ください。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

手術より大腿動脈を介してその部分にステントを入れてはどうかと思います。http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/cvs/vascular/vascular-tr-01.html 担当医と相談してみてください。

質問者: 返答済み 9 日 前.
20027;治医は内科治療継続した方が良いと言ってます。病変を確認して緊急対応するのと、ステントによる先制治療を比較した場合、どちらがリスクが小さいですか? ステントを採用する理由は何ですか。早期先制治療を施した方が良い理由をご教示ください。

主治医の言うように内科治療継続し、緊急時にステントで対応するのがいいと思います。ステントも、内部リークや移動などの問題を三分の一までの方に起こす可能性があるからです。

Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 5088
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問