JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 5330
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

私は年齢76歳の男です。持病は、血圧が少し高くノルバスク5mg朝1錠と糖尿病薬アマリールを朝1錠服薬しております。ちなみ

ユーザー評価:

私は年齢76歳の男です。持病は、血圧が少し高くノルバスク5mg朝1錠と糖尿病薬アマリールを朝1錠服薬しております。ちなみにHBA1Cは5.5を維持しております。
お伺いしたいのは、2年前に腰痛のためMRI検査を受けたところ、脊柱管狭窄症と診断されました。
手術を進められましたが、色々な情報を基に手術は止めて、神経ブロック注射を選択、昨年9月より1年
にわたり、神経根ブロック、硬膜外ブロックなどの注射を行い、腰の痛みは9割がた解消しておりますが
右足の膝から下がシビレ特に小指、薬指、中指の感覚が鈍く歩く度、非常に不快な感じを解消したいのですが、どのように対処したらいいのか?  病院は何科で診て頂けばいいのか?
よろしくお願いいたします。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

脊柱管狭窄症の場合、何かで診て貰えばいいかといえば整形外科です。

ただ、脊柱管狭窄症の場合手術をしても衆生が100%消える人は大変稀といってもいいと思います。

それは、手術するくらいの症状になっている場合、何年も経過していますので、既に神経が不可逆的な損傷を受けているためです。

ですので、ある症状はよくなったがある症状はそのままだ、とか、ちょっとよくなったくらい、ということになります。全く症状が変わらない可能性もあります。ただし、今後の悪化を予防する効果はあるので、その点で手術を行う意義はあります。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問