JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2199
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

腰痛がひどく数十メートル歩くとヘイヘイしてしまいます。当方57才、男です。左側の尾骶骨周りかと思いますが、元も腰痛ありま

ユーザー評価:

腰痛がひどく数十メートル歩くとヘイヘイしてしまいます。当方57才、男です。左側の尾骶骨周りかと思いますが、元も腰痛ありましたが(心療系)3週間前に自転車で転倒し、ますます痛くなっています。寝る際も寝付け悪い、地場の整形外科で見てもらい一応レントゲンとりましたが様子みて、電気治療のみです
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 57才、男、ロキソプロフェイン、アルジオサス(整形外科)、エチゾラム(心療内科)です
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 詳しくはわかりませんが、外傷系と心療系が原因としてかんがえられるのですか?また、別内科系も症状から違いがわかるもんでしょうか?

総合診療医のKKと申します。もともとの専門は神経医学です。

【情報リクエスト】

①「外傷系と心療系が原因としてかんがえられるのですか?また、別内科系も症状から違いがわかるもんでしょうか? 」とのことですが、意味を取りかねております。もう少し噛み砕いてご説明いただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

※電話相談をお勧めするメッセージが送られるかもしれませんが、それは私ども専門家が送っているのではなく、サイトが自動的に送っているものです。やり取りをしている専門家が、必ずしもその時に電話対応が可能であることを担保するものではないことにご留意下さい。 メールはサイトからの自動送信メールですのでそれについて専門家に返信しないで下さい。

※対面診療を伴わないインターネット遠隔医療相談でお答えできる範囲には、法的・技術的に限りがあります(それを越えると、医師法における「無診察診療」と見做される恐れがあります)。

ジャストアンサーの専門家登録規約には以下の記載があります。

(e) 医学、健康、獣医、ペットまたは大型動物分野の専門家は、医学または獣医学上の助言ではなく一般情報のみを提供するものとし、直接の診察または話し合いの後でのみ行われるべき診断、治療、または治療や行動の推奨は行わないものとし、当サイトで専門家と依頼人の関係を確立するような行動またはコミュニケーションを慎むものとする。

https://experthelp.justanswer.com/hc/ja/articles/201467930

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
24460;一点非常にきなることですが、左脚全般に痺れを感じます。特に朝起きると必ずしびれています
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
65297;、ヘルニア等に実際に骨などの障害による原因、2、心療的に痛みを感じる原因、3、そのた内蔵に支障がある場合

ご返信ありがとうございます。

②現在の症状の原因を、整形外科的な疾患、心因性の疾患、内臓疾患に分けて可能性を挙げて欲しいというご希望だと理解してよろしいでしょうか?

③独特の言い回しをされる傾向があるようですが、「腰痛がひどく数十メートル歩くとヘイヘイしてしまいます」⇒「ヘイヘイする」とはどういうことですか?

④「元も腰痛ありましたが(心療系)」⇒これもどういうことでしょうか? エチゾラムを処方されているようですが、心療内科で、疼痛性障害の診断を受けられているのですか? 心因性の疼痛があるのであれば、その心因は何かも教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
9314;「へいへいする」とはわりりにくいですね、ヘイヘイ言って(痛みが我慢できず)休んでしまう意味です。
④心療内科で「疼痛性障害」と診断されたことはありませんが、4,5年前に「不安障害」と診断され2ヶ月程求職しました、その際に全身における筋肉痛、左脚(親指元)に痺れがのこりました、今、話しているのはその痺れではなく左あし全般に感じます。(朝は必ず、その他歩いている場合にも時折です)
宜しくお願いします。

ご返信ありがとうございます。

腰痛+下肢の痺れと、典型的な神経症状が現われていますので、心因性の疼痛や内科疾患からの関連痛は考えにくいと思います。

⑤「ヘイヘイ言って(痛みが我慢できず)休んでしまう」の意味がまだよくわからないのですが、以下のサイトで説明されている「間欠性跛行」に似ていますか?

https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/intermittent_claudication/(←クリックして下さい)

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;回答有難うございます。早速リンクみましたが当てはまる点多々あります。因みに「間欠性破行」は寝ているときにも痛みを感じますでしょうか?どうな態勢をしてもおさまらない時があります(比較的、痛い側(左)を下した前屈状態が楽です)

ご返信ありがとうございます。

間欠性跛行は、その名の通り、歩行時の症状を称する用語ですが、間欠性跛行を起こすような腰椎の疾患では、寝ていても、姿勢によって症状が現われます。

ここまでのご記載を拝読する限り、腰椎に何らかのトラブルが起きていて、脊髄から、腰椎の間を通って下肢に伸びる神経が圧迫されている可能性が高いと考えます。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/*****************.jpg

http://blog-imgs-82.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/dermatome_lumber.jpg

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】

https://www.joa.or.jp/public/speciality_search/spine.html

以上、ご参考になれば幸いです。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

お役に立てたのであれば幸いです。

お大事になさって下さい。

星の評価をお願いいたします。

医療 についての関連する質問