JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4873
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

27歳の長男が4月の健康診断で左目が若年性網膜中心静脈閉塞症と診断され左目視力0.001程度とかすみがかかったように殆ど

ユーザー評価:

27歳の長男が4月の健康診断で左目が若年性網膜中心静脈閉塞症と診断され左目視力0.001程度とかすみがかかったように殆ど見えないとのことで、北九州医療センターの眼科を紹介され、眼球に薬物を注射を月1回行い現在2回注射していますが、腫れは収まりつつありますが視力は全然回復しません。セカンドオピニオンで他の病院も検討したいのですが、良い方法はありますでしょうか。宜しくお願いします。藤高
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 年令:27歳、性別:男 注射:アイリーア アイリーアの注射をする日の3日前から、目薬を差していますが他に飲み薬等はありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、眼科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 息子は、片目でパソコンを打つと頭が痛くなるようなので、主治医に話しましたところ、眼科で解らないから脳神経の医者に尋ねてくれと言われました。頭痛を改善する手立てがないでしょうか。宜しくお願いします。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

セカンドオピニオンの方法について質問ですね。

それについては主治医にセカンドオピニオンを受けたい旨を伝え、紹介状を書いてもらい、それを持って希望の病院に電話しセカンドオピニオン外来の予約をとることになります。以上が方法です。

頭痛については、あなたも片目で生活をしてみればわかると思いますが、同じようにパソコン作業をすると頭痛が出ると思います。

脳の病気ではなく、片目で視る事で負担がかかっっているからです。

身体が片目の生活に慣れてくればだんだんマシになってくるとは思いますが、その他の対策としては眼精疲労をためないようにする一般的な方法を行う事になると思います。

眼精疲労のツボを押す(ネットで調べればすぐでてきます)、1時間に1回数分目をつむる、遠くをみる、ツボを押すなどで休憩する。その際に背伸びやストレッチなどをして首肩の疲労もたまらないようにする、ホットパックをする、などです。

質問者: 返答済み 9 日 前.
29694;在、行っている治療方法以外でもっと良い方法は無いでしょうか。病院名は国立病院機構小倉医療センターが正しいです。
質問者: 返答済み 8 日 前.
24687;子は、朝から就寝までスマホをずっとみており、仕事ではパソコンを終始しておりますが、主治医は病気とまったく関係ないと息子に言いましたので、息子はドクターの言葉を信じ切ってしまい、目を休めることをしません。本当にこの病気とパソコンやスマホを過度に行うことは関係ないのでしょうか?

網膜中心静脈閉塞症は血圧の高い方、慢性腎臓病の方などで発症するリスクが高いことが知られております。日本人では40歳以上の約50人に1人(2.1%)に発症し、有病率は他のアジア人や白人より高いです。

スマホやパソコンの因果関係が医学的に統計資料として証明されているわけではありませんが、片目しか見えない状態で朝から就寝までスマホを見ていれば、当然頭痛がすると思います。

また、残った片目の負担をかけ続けていると、そちらの視力が近視の進行などで低下してくると困りますので、目に負担はかけてほしくないのが親心だというのはよくわかりますし、普通は、といっては失礼になるかもしれませんが、片目が見えなくなると目を大切にするのですが、あまり本人は片目でも日常生活に困っていないのかもしれませんね。

注射の他の治療法ですと、下記のようなものがあります。

ただし、昔は下記の2つしか治療がなかったのが、今は注射が出てきて治療の幅が広がったので、むしろ注射の方がそういう位置づけの治療法になります。

(1)網膜光凝固
 硝子体出血や血管新生緑内障などの合併症を予防あるいは治療するために行うことがあります。黄斑のむくみの治療として行うこともあります。
(2)手術(硝子体手術)
 黄斑のむくみをとる目的で行う場合と硝子体出血などの合併症を治療する目的で行う場合があります。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
31119;岡県内で若年性網膜中心静脈閉塞症の症例の多い医療機関或いは名医をご存知でしたら教えて頂けないでしょうか