JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1925
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

初めて相談させて頂きます。

ユーザー評価:

初めて相談させて頂きます。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 現在67歳、男性、服用中の薬は、抗ウツ剤リフレックス、アモバン他便秘薬としてマグミット錠です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 去年の暮、臀部帯状疱疹後、尿が出なくなり大学病院にて約1か月尿道へカテーテル挿入。その後尿は出るようになるも排尿後、下腹がウズクようになり、いろいろ検査を受けましたが、異常なし。原因不明のまま現在に至っています。ここ最近は症状が悪くなっており、排尿後、とてもじっとしていられない苦しみを味わっています。

このサイトは、相談者様が質問料金を提示した上で質問を投稿し、専門家は専門知識を用いて回答する場所だと考えております。

そのため、相談者様と専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要があります。

状況を簡単に記載頂いたのみで疑問文形式の質問文がありませんので、何をお答えすればよいのかがわかりかねます。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけたら幸いです。

なお、医師法に基づき実際の診療行為のない医療相談サイトで具体的な指示を出すことは医師法違反となる恐れがありますので、それに基づいた回答になります。

インターネット医療相談は現実世界の医療機関受診とは異なります。医療機関ならば、医者の前に座って症状を述べれば、暗黙の了解として、診察⇒検査⇒診断⇒治療 と自動的に話が進みますが、インターネット相談では診察も診断も治療もできません。

ジャストアンサーとは、それを期待していただく場ではないことにご留意下さい。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく臨床・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。当回答者はPCで回答しておりますので、サイトを立ち上げた状態で席を離れている場合があります。その場合、相談者様にはオンラインと表示されているようですが、返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 11 日 前.
30003;し訳ございません。相談したかったのは、排尿後下腹部が苦しく張るような症状で疑わしいと思われる病気です。

恐縮ですが、私ではご質問の件に関しましてスピーディーな対応を致しかねますので、他の先生に回答を譲らせていただきます。

総合診療医のKKと申します。もともとの専門は神経医学です。

診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできませんが、あなたが呈されているのは「帯状疱疹後神経痛」である可能性が高いと思われます。

帯状疱疹の後遺症です。

帯状疱疹は、水疱瘡のウイルス(ヘルペスウイルス)が、水疱瘡が治った後も神経の深い部分に潜伏していて、加齢などにより宿主の免疫力が落ちた際に活性化して神経をむしばむことで起こる疾患です。 帯状疱疹の痛みは帯状疱疹のヘルペスウイルス によって、神経が傷つけられることで生じる痛みです(つまり、帯状疱疹は、皮膚に症状が出る神経疾患であると言えます)。

一時期排尿障害があったのも、排尿に関係する神経が侵されたからでしょう。

帯状疱疹がある間の痛みが強く現れる方は、後遺症としての帯状疱疹後神経痛を発症する可能性が高いと言われています。

帯状疱疹後神経痛に至ってしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですので、近年では、帯状疱疹の間に神経ブロック注射を含めた積極的な除痛治療が必要であると考えられるようになってきています。

あなたの場合、その除痛治療が十分になされていなかった可能性が高いと思われます。

【帯状疱疹後神経痛】

http://matome.naver.jp/odai/*****************01(←クリックして下さい)

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。

具体的には、あなたも服用されているリリカ(ただし、有効用量は1日300mg以上)、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部、そして神経ブロック注射が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。

こうした特殊な痛みの治療は、麻酔科医がペインクリニックで行っていますので、受診されてみることをお勧めいたします。

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられ る可能性が高いと考えます。できれば、皮膚科の主治医に紹介状を作成してもらって受診された方が診察はスムーズだと思います。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】

http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 10 日 前.
33391;く分かりました。ありがとうございました。

お役に立てたのであれば幸いです。

お大事になさって下さい。

星の評価をお願いいたします。

Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1925
経験: 2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問