JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 720
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

1.5カ月前に、かかりつけ医師にかかり、間質性肺炎で入院を勧められ、その時(土曜日午前)診てもらえる病院を紹介してもらい

ユーザー評価:

1.5カ月前に、かかりつけ医師にかかり、間質性肺炎で入院を勧められ、その時(土曜日午前)診てもらえる病院を紹介してもらい、その大学病院の救急で診察を受け、その時の診察は入院してもしなくても良いくらいの病状だということだったが、翌日が日曜日でもあり心配だったので入院をお願いした。当日は救急に入院し、翌日病棟に移った。病棟では、担当医が決められその入院診療計画書が示された。この計画書の内容は、当然まだ詳細が不明な段階なので抗生剤による加療の他必要に応じて追加加療、適宜検査を行い、入院期間は未定であった。
入院して5日後に、夜間に脳梗塞を発症した。夜間だったということで、誰も気づかず、朝、患者を診たら異常だったということであった。ここで、入院し5日後であるから、病院としても安定して患者の容態を監視できるはずなのに見逃されていたということになり、こんなことが病院に許されるのかが第一の疑問である。
次に、この病院では、研修医が担当することがあると表示されており、それは家族としても承知はしている。しかし、現実には、入院当初は診療計画書に記載された担当医の診察もあったが、その後はなく、全て研修医の診察である。内部で、担当医・指導医の指導があったのかは不明である。ただ、その後一度も担当医が診察に来ないののは理解できない。さらに、その後病状が悪化し、胸水が多くたまって、研修医の説明では致死率60%になるという。従って、今後何かあった時に、延命治療を施すか、自然死を望むかを聞かれた。この時は、家族としては冷静な状況では無いので、何の疑問もなく対応したが、患者の命に係わる決定を研修医単独で(担当医・指導医はおらず、看護士が同席した)がしていいとは絶対に思えないがどうだろうか。病状の落ち着いてきた今考えると、医療担当者として有ってはならないことではないか。判断を教えてほしい。あるいは専門的に扱っているところに相談した方が良いのでしょうか。
さらに、この研修医から治療方針についても患者には明確に示されづ、1~2週間で退院・リハビリ病院転院と言ってみたり、この病院に3カ月入院して後、更にリハビリ病院に3カ月入院というように、その都度言うことが変わっている。診断の結果で多少変わるのは理解できるが、この言い方は患者を馬鹿にしているとしか取れない。家族は、たまにしか話を聞けないので、その辺のところは良くわからない面もありゅことはたしかだが。
今回の場合、患者は担当する研修医を全く信頼出来ず、こんなことで医療効果が上がるとはとても思えないが、入院してしまった以上は仕方ないのか。
なんとかアドバイスうぃおお願いいたします。

Dr. Kと言います。

呼吸器を専門としております。

状況について、了解しました。

まず、大学病院に入院のことと思いますが、研修医が一人で、説明から、治療まで施すのは、通常ありえませんので、研修医しかいないのであれば、指導医に面談し、意見を伺うのが良いと思います。

脳梗塞に関してですが、原病である、間質性肺炎に合併したものの可能性が高いですが、医師からはどのように説明を受けてますか?入院していた際は、心電図や、酸素のモニターなどはつけてなかったのでしょうか?そのようなものがついていれば、発見がもう少し、早かったかと思いますが、説明はどのようになってますか?

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問