JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 491
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

高校三年の息子。八月頃より左脚の太ももから足の甲まで腫れてきました。痛みや変色はなく、同じ姿勢でいると若干だるくなるよう

ユーザー評価:

高校三年の息子。八月頃より左脚の太ももから足の甲まで腫れてきました。痛みや変色はなく、同じ姿勢でいると若干だるくなるようです。
整形外科、血管外来と受診し、血液検査、深部静脈エコー、MRI、造影剤でのCTと検査しましたが、原因はわかりませんでした。
dダイマーの数値の異常もなく血栓もなく。
弾性ストッキングの着用で受診も終了ですが、このままで大丈夫なのでしょうか。
腫れる前にバレーボールの練習で疲労骨折した可能性は指摘されました。腫れた状態でバレーを続けていました。腫れだした時は志賀高原で学習合宿中。普段より動きは少なかったと思います。
以上、思い当たることはそのくらいなのですが。

状況について、了解しました。一通り検査しているようですが、

下肢のリンパ浮腫かと思います。これは、リンパ流が悪くなることでなりますが、骨折や感染で起こることもありますが、原因が不明のことも多いです。

まずは、弾性ストッキングで症状が抑えられているのであれば、そのまま様子をみるで良いかと思います。

保存療法でコントロールできなくなると、リンパ管の形成吻合術が必要になることもあります。これは、血管外科や形成外科で対応することが多いです。

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。とりあえず、経過観察しかないということですね。

そうですね、まずは、経過を見て見てください。

息子さんが、よくなりますことを祈念しております。

医療 についての関連する質問