JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2512
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

こんばんわ。 よろしくお願いいたします。 80歳女性です。

ユーザー評価:

こんばんわ。
よろしくお願いいたします。
80歳女性です。
薬を服用している状況、体の状態は下記の通りですが、薬の量を減らすことができるのか、薬を飲まなくてもよい状態になれるのか、とても不安に感じています。またこれから寒い時期に向かっていく中で、日々の生活で体の痛みとどう対応していくかも不安に思っています。
以下、昨年の9月からの症状と服薬状況です。
昨年の9月に首が動かなくなり、近所の整形外科に受診したところ炎症反応があり多発筋痛症と診断されました。9月20から1日にブレドニゾロン5ミリを2錠、フェブリク20ミリを0.5錠服用することになりました。
その後、10月25日から1日にブレドニゾロン5ミリを1.5錠、フェブリク20ミリを0.5錠、メトレート錠2ミリを3錠服用することになりました。
11月1日からブレドニゾロン5ミリを1錠、フェブリク20ミリを0.5錠、メトレート錠2ミリを3錠服用することになりました。
11月11日に広島にある専門のリュウマチ内科を受診し、1日ブレドニゾロン5ミリを3錠、週1回メトトレキサート錠2ミリを3錠、服用することになりました。
11月18日にリュウマチ内科を受診し、1日ブレドニゾロン5ミリを3錠、週1回メトトレキサート錠2ミリを2錠服用することになりました。
12月初めごろから、怠さと胸の違和感でかかりつけ医で腎盂炎と言われ治療しました。
12月16日にリュウマチ内科を受診し、1日ブレドニゾロン5ミリを2.5錠、インテバンSP25を2C服用することになりました。
1月6日にリュウマチ内科を受診し、1日ブレドニゾロン5ミリを2錠、週1回メトトレキサート錠2ミリを2錠、インテバンSP25を2Cを服用することになりました。
2月3日にリュウマチ内科を受診し、1日おきにブレドニゾロン5ミリを2錠と1.5錠、週1回メトトレキサート錠2ミリを2錠、を服用することになりました。
このころから高熱がでるようになり、かかりつけ医を受診、腎盂炎と言われ治療するも熱が下がらず、近くの総合病院の泌尿器科を紹介され受診、胸のMRIを撮ったところメトトレキサートによる間質性肺炎と判明し、約ひと月入院し治療をおこなった。
退院直後、1日メドロール4ミリを1.5錠、
3月30日1日メドロール4ミリを1.5錠、ブレドニゾロン1ミリを1錠を服用
4月13日1日メドロール4ミリを1錠
4月27日1日メドロール4ミリを0.75錠
5月16日1日メドロール4ミリを0.5錠
6月13日1日ブレドニゾロン1ミリを2錠を服用
7月11日1日ブレドニゾロン1ミリを1錠を服用
また、首が動かなくなるなど多発性筋痛症の症状が強くなり、
再発したと言われて7月31日から薬の量が増え、1日ブレドニゾロン5ミリを2錠を服用
8月7日1日ブレドニゾロン5ミリを1.5錠を服用しており
現在に至っています。
急速に薬の量を減らすとまた再発の恐れがあるということで
1ミリずつ減らしていこうとしています。
CRP値は、
8/21 0.5
9/5  0.3 と推移しています。

質問ありがとうございます。

【情報リクエスト】

1 リウマチ性多発筋痛症でメトトレキサートを使用することはあまりないことなのですが、診断はリウマチ性多発筋痛症で間違いないですか?

2 11月11日に広島にあるリウマチ内科を受診して、それまで順調に減量してきていたプレドニゾロンが5mgから急に15mgに増量になっているのですが、それは何故でしょうか?病状が酷く悪化していたのですか?

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
30149;状が悪化したと自分では感じていませんでした、

病状が悪化したわけでもないのに病院を代わったのは何か理由がありますか?

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12522;ュウマチ専門の病院の方が良いかと思いそちらを受診しました

せっかくプレドニン5mgまで減っていたので、その状態であれば、薬をやめられるまであと一息だったのにもったいなかったですね。

何故、状態も悪くなってないのに、いきなり15mgに増やしたのか、メトトレキサートを使う必要があったのか(普通はありません)、質問者様からの返信ではその理由を知ることは難しそうです。

薬をやめられるかが質問内容でしたが、リウマチ性多発筋痛症では、症状がおさまれば徐々に薬の量を減らしていって、最後には辞める事ができます。ただ、そのスピードはとてもゆっくりにしなければ、今回のように再発が起こります。

ですので、最終的に薬をやめられるのは、何カ月、年単位になるとお考えください。

いつかは辞められますので焦らないことです。

あとは、ステロイドを長期使用する場合、ステロイドの副作用の骨訴訟症やカリニ肺炎の予防など別のお薬を飲む必要があります。それらは必要なものなので、薬をたくさん飲みたくないからといって勝手に中止しない事が重要です。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
39592;訴訟症の予防はしていますが、カリニ肺炎はしていないと思います。カリニ肺炎とはどんな病気でしょうか、間質性肺炎のようなものですか

カリニ肺炎は、ニューモシスティス肺炎と今は呼ぶようになっています。

ニューモシスチス肺炎はPneumocystis jirovecii(ニューモシスチス イロベチイ)による日和見感染症(ふつうの免疫力のある人には問題ないがステロイドやHIVなど免疫力が低下している人には病気を起こす感染症)の一つです。昔はニューモシスチス・カリニという原虫が原因と言われていましたが、最近では原虫ではなく真菌(カビ)ということが分かり、名前がカリニ原虫からPneumocystis jiroveciiに代わったため、カリニ肺炎から、ニューモシスチス肺炎へと病気の名前も変わりました。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcr2011/201107/520884.html

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
22810;発筋痛はとても怖い病気で速くしないと膠原病になるとネットでみました。主人が膠原病で長い間苦しんでいるのをみたので
専門の先生に受診したのですが、この事が間違いだったのでしょうか、今から寒さに向かいます、どもような事に気を付けて生活
したら良いのか、現在は内科の先生にかかっていますが、内科で良いでしょうか。とにかく毎日が不案です顔もむくんでいるし
不安の塊です

リウマチ性多発筋痛症が既に膠原病の中の一つです。

リウマチ性多発筋痛症が他の種類の膠原病に変化するということはないと思います。

ステロイドを飲んで免疫が下がっているので、今から寒い時期に風邪やインフルエンザをもらわないように、人ごみに行かない、マスクをする(保湿になるので喉の保護にもなります)、帰宅したら手洗いうがい、予防接種(インフルエンザや肺炎球菌)というようなことが注意事項になります。

あとは、糖尿病や高血圧も副作用になるので注意が必要ですが、受診の際に確認してくれていると思います。

顔のむくみはステロイドの副作用なので、薬が終わるまで待つしかないです。

病院は今さら変わらなくても、間質性肺炎をみつけてくれら今の内科の医師でいいでしょう。

不安やストレスは病状を悪化させますので、不安になっても得なことはないし、今はステロイドをゆっくり減らす以外にできることはないので心安らかに過ごされてください。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
19969;寧な回答ありがとうございました。メンタルも重要なんですね、納得しました。これから冬に向けて注意しながら過ごしていきます。

少しでもお役にたてておりましたら幸いです。

最後に回答に対する星の数の評価をシステム上から選んでお願いします。

dr-yamamotoをはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問