JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2512
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

こんにちは。

ユーザー評価:

こんにちは。
私は昨年3月、肺小細胞癌(肝臓に転移、ステージ4)の診断を受け、昨年4月より放射線治療(手術はしないで延べ473Gy照射)を10月まで行いました。幸いに肝臓への転移は消滅し、原発巣も小さな影(PET画像による)が残る程度になりました。その後、毎月経過観察を受けていますが再発、転移はないという診断を受けています。ただ、放射性肺炎、放射性軟部組織炎、胸水があるとの診断を受けています。当初は痛みがなかったのですが、段々患部にチクチクする痛みや肩甲骨裏の筋肉痛、右手のしびれなどの症状が出てきたので湿布薬や鎮痛剤で対応していました。
しかしこの半月、患部のチクチクする痛みがひどくなり、シャツが胸の皮膚に触れるだけで痛みを覚えます。
つきましては、どのような治療を行えばよいか、教えていただけますでしょうか、よろしくお願い致します。菅谷耕一(65歳)

質問ありがとうございます。

大変な治療を乗り越えてこられたのですね。

今の痛みについては、院内の疼痛緩和チームに主治医から相談してもらうのがよろしいと思います。

癌治療を行う規模の病院であれば、設置されていると思います。

医師、看護師、薬剤師からなる専門のチームです。

疼痛緩和外来を設置していれば、そこに受診できるように主治医に紹介してもらうといいと思います。

主治医に言いにくければ、癌についての患者様相談窓口も院内に設置されていると思いますので、そちらに相談されてもいいと思います。

dr-yamamotoをはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問