JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2113
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

夫、肝臓がん4b。骨転移の為昨年10月より下半身麻痺で歩行出来ず。 ネクサバールは飲んでおらず、塞栓治療を3度。

質問者の質問

夫、肝臓がん4b。骨転移の為昨年10月より下半身麻痺で歩行出来ず。
ネクサバールは飲んでおらず、塞栓治療を3度。
6月初旬に、シスプラチンをカテーテルでの治療。
同時期に糖尿の治療も始まり、インスリン投与。
退院後、自宅にて変わりなく過ごし食事も日々の変動はあり
つつも取れています。
昨日あたりから起こさなければ起きられなくなり、目の焦点も
合いずらく見えます。
病院に連絡すべきでしょうか。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 2 ヶ月 前.

質問ありがとうございます。

至急、病院に連絡すべきです。

肝性脳症という状態の可能性が否定できません。

手を真っ直ぐ前に、前ならえの状態にすると、指先がパタパタ動きませんか?その兆候があれば肝性脳症が疑われます。

医療 についての関連する質問