JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2960
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

5年前程前より、足の脛が攣り酷い時は、攣った状態で全く痛さで動けなくなってしまいます。現在持病として関節リュウマチと腰椎

質問者の質問

5年前程前より、足の脛が攣り酷い時は、攣った状態で全く痛さで動けなくなってしまいます。現在持病として関節リュウマチと腰椎狭窄症を患っており、狭窄症に関しては、軽度と医師より診断されてます。リュウマチは、今のところコントロールされているとの事。現在、リュウマチ科・神経内科・リハビリ科・アレルギー内科を通院中。攣り方は、右足親指が90度位、上方に反り返り、そのうち足首・脛が攣ってきます。酷い時は、1時間程症状が続き反対の足に痛みが移ります。服用薬は、ジアパゼム・ダントリウム・デパケン・リマプロスト・酸化マグネシウム・芍薬甘草湯を神経内科より、メトトレキサート・フェブリック・フォリアミン・ロキソニンをリュウマチ内科より、アスパラギン酸・エディロールカプセルをアレルギー科より処方して頂いてもらっております。
現在、リュウマチ科・リハビリ科は、近所のクリニックで、神経内科は近所の総合病院に、アレルギー科は東大病院に通院・検査しており、過去MRI・MRA・関節エコー・血流検査・脳波・心電図・各レントゲン・筋電図・念の為、造影剤上部エコー・体部CTを実施。全てリュウマチ以外には異状ないとの診断です。神経内科に於いては、打診により両足の神経反応が薄いと診断されており、緊張が24時間解けない為か?との診断結果です。これといった原因が解らず、注意を受けているのは、車の運転禁止・歩きすぎないとの事・突発性のものなので
会社の協力が必要との事で、現在退職しております。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 5 ヶ月 前.

質問ありがとうございます。

【情報リクエスト】

1 糖尿病の検査は既にされて陰性でしょうか?

2 食事内容に偏りはありますか?

3 飲酒喫煙について教えてください。

医療 についての関連する質問