JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1424
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

数年前にかかった病気の手術(甲状腺全摘)の影響で、現在体内でのカルシウムのコントロールが出来ずにいます。

質問者の質問

数年前にかかった病気の手術(甲状腺全摘)の影響で、現在体内でのカルシウムのコントロールが出来ずにいます。
※一生。現在も薬でコントロールしています。
ちなみに、手術後はなかなか安定せず、テタニー(全身硬直)が起こるなどしていました。一度本気で死ぬかと思いましたが、どうにか強制的(点滴での)カルシウム投与で、どうにか回復しました。
そのため、手術後数年は結構なカルシウムを摂取していました。
また、もともと結石ができるなど、腎臓も弱い体質です。
そんなこんなの影響で、現在「高カルシウム腎」に。
※腎臓にカルシウムが沈着してしまっている状況。
その影響で、昨年から時より(昨年は頻繁に)痛風発作にあっています。
今年も、一昨日から突然。
現在の対処は、痛み止めで、ひたすら腫れや痛みが引くのを待つのみ。。。どこか、この高カルシウム腎を改善できる病院か、対処方法はないでしょうか??
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 13 日 前.

質問ありがとうございます。

高カルシウム血症による腎臓の障害は、不可逆的ですので、障害されてしまった部分の戻すことはできません。

副甲状腺がありませんのでカルシウムのお薬の内服は必須だと思いますので、今後は、慢性的な高カルシウム血症にならないように、採血を定期的に行いながらカルシウムの薬の量を調整していくしかありません。

さて、痛風発作、つまり高尿酸血症は、直接はカルシウムとは関係がないのですが、慢性高カルシウム血症の時期が長く続いたために腎機能が低下してしまっており、慢性腎不全の状態となっているために尿酸が排出されにくく高尿酸血症になっておられるということでしょうか?

この場合、尿酸を下げるお薬を常時飲んでおく必要があります。

カルシウムにより障害を受けた腎臓組織は元に戻すことはどうやっても不可能ですが、腎不全の状態になっておられて、それにより高尿酸血症など腎不全の症状が生じそれをなんとか緩和したいということであればそれは可能です。

今の通院先は、甲状腺除去をした耳鼻科でしょうか?そうであれば、腎臓内科に紹介してもらって、カルシウムのお薬の調整も含めて腎臓内科で全てやってもらうのがよろしいと思います。

腎不全の状態ですと、尿酸をはじめカリウム、リンなど電解質の値も狂いやすいので、そういった調整も含めて腎臓内科に任せるのがいいと思います。

また、元々結石ができやすいということですが、そういう体質の方は、シュウ酸の摂取を控えた方がよろしい場合があります。

参考までに申し上げますと、シュウ酸を多く含む食品には、ホウレンソウ、ナス、ゴボウ、タケノコなどのアクの強い野菜があげられます。
そのほか、バナナ、ココア、キャベツ、レタス、ブロッコリー、チョコレート、コーヒー、紅茶にもシュウ酸が比較的多く含まれます。

こういった食物の摂取が習慣的に多い場合は、少し控えられるとよろしいかもしれません。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 11 日 前.

回答に不明な点があれば返信機能を利用されてください。

質問を終了される場合は、最後に必須のものになりますので、回答に対する★の数の評価をシステム上からつけて頂きますようお願いします。

評価方法については下記のページ参照されてください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer-hl

医療 についての関連する質問