JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1339
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

73才の父です。 1年ほど前から前のめりのチョコチョコ歩きになり、今はヨタヨタの早歩きで部屋の中でさえよく転びます。

ユーザー評価:

73才の父です。
1年ほど前から前のめりのチョコチョコ歩きになり、今はヨタヨタの早歩きで部屋の中でさえよく転びます。
パーキンソン病との判断はついていません。
脳神経内科と整形外科にかかっていますが悪化するばかりです。
なんの病気でどこにかかるといいでしょうか。三重県四日市市

総合診療医のKKと申します。

診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできません。

従いまして、「なんの病気で」というご質問にこの場で確答することは困難です。

【情報リクエスト】

①お父様に持病や常用薬があれば教えて下さい。

②受診されている神経内科と整形外科で行われた診察と検査の内容と結果、告げられている診断名、行われている治療内容を教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
9312;(脳神経内科)
マドパー配合錠 1日4錠
ドプスOD錠100mg 1日1錠(整形外科)
リマプロストアルファデクス錠5ug「SN」1日3錠
②(脳神経内科)
MRI、放射線を使った検査(検査名分かりません)
血液検査◯パーキンソン病を示した検査結果は出ていないがパーキンソン病かもね。脳梗塞の跡が3箇所ある。
突進歩行、すくみ足
(整形外科)
MRI
◯腰椎数カ所圧迫骨折、腰痛あり
マッサージ、痛み止めの注射よろしくお願いします

ご返信ありがとうございます。

③改めて伺いますが、お父様にはもともと、高血圧や高脂血症、高血糖といった持病はなかったでしょうか。

④呂律の回りの悪さや手の震えなど、上半身にはパーキンソン症状は無いのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12362;はようございます
③高血圧 なし
高脂血症 コレステロ ールが少し高めで薬を飲んでいたことがある(今は飲んでいない)
高血糖 なし
④特にありませんが、物を取ったり掴んだりの動作が異常に遅いと感じる事があります。スローモーション。よろしくお願いします
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
9314;中性脂肪も少し高め

ご返信ありがとうございます。

診察・検査できないインターネット遠隔相談では診断行為は行えませんが、ここまでのご記載を拝読する限り、「脳梗塞の跡が3箇所ある」ということでもありますし、お父様が呈されているのは「脳血管性パーキンソニズム」である可能性が高いのではないかと考えます。

これは、いわゆる脳梗塞の後遺症として起こる場合と、無症候性脳梗塞(いわゆる隠れ脳梗塞)が進展してゆっくりと症状が現れてくる場合とがございます。
「下半身のパーキンソン病」という二つ名がある疾患です。
http://www.treatneuro.com/archives/2157(←クリックして下さい)
http://www.aupairs4ireland.com/disease/post-23.html

脳血管性パーキンソニズムであった場合、抗パーキンソン病薬による治療効果はあまり顕著ではなく、薬物療法で症状が得られることはあまり期待できません。

進行抑制のための(さらなる脳梗塞発症予防のための)抗凝固薬(いわゆる「血をサラサラにする薬」)の投与と、理学療法(リハビリテーション)が治療の中心となります。

既に受診している神経内科が本来的に受診されるべき診療科ですので、神経内科主治医に診断を確認し、治療方針と予後予測を改めて示してもらうことをお勧めいたします。

ただし、脳血管性パーキンソニズムであった場合、最善の治療が為された場合でも改善はほとんど得られませんので、現状の維持が治療目標になるかもしれません。

介護認定など、福祉によるサポートの手続きも考えられるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございます『神経内科主治医に診断を確認し、治療方針と予後予測を改めて示してもらうことをお勧めいたします。』
すみませんこれは、患者側からはどうすればいいんでしょうか?

例えば、私がお示しした前掲のリンク先をプリントアウトして持参し、「父はこの脳血管性パーキンソニズムなのではないか」「その場合、薬物療法だけではなく、理学療法が必要ではないか」「対象となるならば介護認定の手続きもお願いしたい」と依頼されてはいかがでしょうか?

現神経内科主治医が診断確定に前向きでは無い場合、他院神経内科でのセカンドオピニオンも有効だと思います。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】

http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問