JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 487
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

プラリア皮下注射を6か月に1度続けています。同時にエディロールカプセル0.75を服用していました。薬局の方にエディロール

ユーザー評価:

プラリア皮下注射を6か月に1度続けています。同時にエディロールカプセル0.75を服用していました。薬局の方にエディロールカプセル0.75よりもデノタスチュアブル配合錠の方が常識と言われ困っています。どちらが正しいのでしょうか?

まず、基本的なところをお話申し上げます。

プラリア皮下注射が、あなたにどうしても必要なものなのかどうか? 医師からは何と説明を受けられておりますか?
もし、普通の骨粗症でしたら、遺伝子組み換えのような体に何かおこるかわからないようなものは、投与すべきではないと私は感じます。現代は、薬で金を稼ぐという間違った方向へまっしぐらです。ご自身でもよく考えてみて下さい。

安易に医師の脅しに乗ってくすりを使わないということも考えて下さい。

そして、通常は、プラリア皮下注射については、『同成分のランマークについては、2012年9月に「重篤な低Ca血症の副作用発現」に関する安全性速報(ブルーレター)が発布され、注意喚起されていることを知っておきたい。投与中に生じる重篤な低Ca血症を予防・治療するには、沈降炭酸カルシウム・コレカルシフェロール・炭酸マグネシウム(商品名:デノタスチュアブル配合錠)の投与が必要となる。』(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201304/529965.html)
となってます。
薬を使うと、次に副作用のことも必ず考えなければなりません。そして、その副作用を抑えるために別の薬を使用したら、またその副作用も考えなければならなくなり、堂々巡りが始まるのです。

そして、最後になりますが、その薬剤師の言い方は間違ってます。なぜかと申しますと、あなたを不安にさせただけだからです。

ただしくは、処方している病院に電話をして、なぜその処方をしているのかを確認して、あなたにそれを教えてあげることだったと思いますし、もし、そこで処方をした病院や医師が、そうですね、デノタスチュアブル配合錠に変えましょうと言ってくれたかもしれないからです。。

以上、ご参考になれば幸甚です。

nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12354;りがとうございました!
骨密度が52%です。医師からは骨密度を上げる注射と聞きました。

お役に立てたなら幸甚です。

医療 についての関連する質問