JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2281
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

老健施設にはいっている母が首が痛いというので症状発生後三日経って外来で受診しました。CT検査等をして偽痛風との診断でした

ユーザー評価:

老健施設にはいっている母が首が痛いというので症状発生後三日経って外来で受診しました。CT検査等をして偽痛風との診断でした。指示された一週間後の再受診で手足のしびれや発熱でほぼ四肢麻痺状態まで悪化してたため検査入院を依頼しましたら脊髄炎とのことでした。時間が経っているのと高齢(91歳)のため手術はリスクを伴い、手術をクリアできても改善の確率は非常に低いとのことです。ステロイドの点滴も今日で終わりとのことですが痛みは軽減せず四肢麻痺で感覚がほとんどありません。初めて受診したときは食堂で食事もできたことを考えると残念でなりません。病院の方からは現状維持の施設へ移ることを打診されています。せめて痛みだけでもなんとかしてあげられないものでしょうか?

質問ありがとうございます。

お辛いことと思います。

痛みを完全にとることは難しいと思うのですが、神経障害性疼痛の場合、リリカやサインバルタなど効果が多少期待できるお薬ががあります。

今の主治医に、痛みだけでも軽減できるお薬があれば使いたいと申し出てみてはいかがでしょうか。

もしくはペインクリニック、疼痛緩和外来が院内にあれば、往診を依頼してもらってもよろしいと思います。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問