JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1299
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

髄液が脳にたまって、頭痛がひどいので、シャント手術をするそうなのですが、手術しない方法はないですか?

質問者の質問

髄液が脳にたまって、頭痛がひどいので、シャント手術をするそうなのですが、手術しない方法はないですか? 週1くらいの通院で髄液とるとか不可能ですか? 髄液が癌細胞でいっぱいなので、なるだけ自分の体に戻したくないのです。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。

【情報リクエスト】

①「髄液が癌細胞でいっぱい」とはどういう意味ですか?

②「手術しない方法はないですか?」ーーこのご質問は当然、主治医にもされていると思います。主治医の見解を教えて下さい。

③「髄液が脳にたまって、頭痛がひどい」ーーその理由・背景を教えて下さい。あなたのご年齢・性別など、通常、病院を受診したときに問診票に書く程度の情報は最低限いただけないと回答は困難です。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
24481;世話になります。39歳女性です。
脳腫瘍ができて、開頭手術したくないので、放射線治療したり、検査したりしてた矢先です。
頭が痛くて検査してもらったら、髄液が溜まっているとのこと。そこで、頭痛を緩和するのにシャント手術をとゆわれました。ただ、髄液には癌細胞がいっぱいなので、体内に癌細胞をながすことになると言われました。怖いです。
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

これに対するご返信をお願いいたします。

④「髄液には癌細胞がいっぱいなので、体内に癌細胞をながすことになる」ーー俺に伴うメリット・デメリットについて、主治医から受けた説明の内容を教えて下さい。

⑤繰り返しになりますが(②)、シャント手術以外に選択肢があると主治医に言われていますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12513;リットは頭痛が治る。
デメリットは髄液が癌細胞でいっぱいなので、癌細胞を身体中に広めることになる、ということです。
素人で恥ずかしいのですが、体内にではなく体外に垂れ流すとかの選択肢はないのかと聞いたが、ないと言われました。
なので、週1くらいで通院して、髄液を抜くとかの選択肢はないのかとこちらに質問した次第です。
よろしくお願いします。
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

あなたの場合、脳腫瘍のために水頭症を呈しているのだと思われます。

この場合、シャントは必要です。

無菌状態を保たなければならない脳と外部を交通させるわけにはいきませんので、シャントを行うとすれば、髄液を体内に流す必要があります。

「週1くらいで通院して、髄液を抜くとかの選択肢」はありません。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
36820;信ありがとうございます。
シャント以外の選択肢はないですか?
頭は痛いけれど、わざわざ癌細胞を体内に流すのには抵抗があるといいますか、死期を一層早めてるようで怖いのです。
教えて下さい、お願いします。
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

残念ながら、現状に対してシャント術以外の対応方法は無いと思います。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
26412;当にそれ以外ないのですか?
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

私は虚偽の回答をしても何の利益にもなりません(現時点で、あなたが支払った相談料はジャストアンサーがデポジットとして管理しており、私の手には1円も渡っていないことを申し添えておきます)。

これ以上は、主治医を追求されるべきではないでしょうか。

医療 についての関連する質問