JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2883
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

町医者の内視鏡検査で膀胱がんの疑いありとの診断で、大学病院でTUR-BT手術を受けました。当初は筋肉層までの浸食でステー

質問者の質問

町医者の内視鏡検査で膀胱がんの疑いありとの診断で、大学病院でTUR-BT手術を受けました。当初は筋肉層までの浸食でステージ2と予想されていましたが、そこではがん細胞が見つからず、ステージ1の診断です、3日前に 退院しました。診断結果は、ステージ1ですががん細胞がハイリスクのために、再度 TUR-BT手術を受けて、がん細胞が見つかれば、膀胱摘出を言われています。
これは、標準治療みたいですが、摘出は最終手段としたいのです。見つからなければ、経過観察と言われています。
他の医療機関では、膀胱提出ではなく、抗がん剤などで根治の実績あるみたいですが、膀胱機能の低下などのリスクもあるみたいです。リスク回避の方法はあるのでしょうか。技術は確立しているのでしょうか。最新治療はないですか?この治療で実績のある医療機関を教えてください。
自排尿型新膀胱造設術は、どこでもやってるのでしょうか。
現医療機関に 対してセカンドオピニオンをどのように、またどのタイミングでお話しして進めればよいでしょうか。
(60代/男性)
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 ヶ月 前.

BCGを膀胱内に投与する治療もありますが、ハイリスクで再発した場合は癌の進行が特に早いため膀胱摘出がをお勧めします。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
36074;問を詳しく求めてくる割には、回答があまりにも簡単すぎます。

医療 についての関連する質問