JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1074
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

82歳の母について、硬膜内髄外腫瘍の手術を受けさせるべきかどうかで迷っています。 経緯は次の通りです。

ユーザー評価:

82歳の母について、硬膜内髄外腫瘍の手術を受けさせるべきかどうかで迷っています。
経緯は次の通りです。
①従来は左膝にヒアルロン酸注射をしていたのですが、膝が内向けに曲がっている、膝折れ症状が出てきた、しびれがひどくなった等の理由で、変形性膝関節症手術をしました。
②手術後リハビリを1か月しましたが、左足が十分に持ち上がらず歩行が困難になりました。数人の医師が画像、症状から手術に失敗はないと言っています。(説明を受けて納得感はあります。)ただし、膝関節手術をしていなければ、まがいなりにも自立歩行はできていたと思います。
③医師の言い分として、原因は、腰に2、3か所脊柱管狭窄症があること。(腰椎3番あたり)、胸椎9番と10番の間に硬膜内髄外腫瘍があるとのことでした。
④腰の抹消神経は抵抗力があるので、そう急がないが、胸椎はおおもとなので、腫瘍が大きくなって、神経が損傷すれば半身不随、排出機能にダメージを受けるとのことでした。手術をするリスクは高齢であることが1番だということでした。現在腫瘍の広がりは画像を見る限り胸椎の幅の4分の3くらいと思われます。そこで質問です。
①手術を受けなかった場合、どのくらいの確率で何年くらいでどのような症状が出ると思われますか。個人によって違うと思いますが、一般的にいかがでしょうか?
②手術を受けた場合、手術失敗は別として、手術の成功で期待される症状の改善はどのようなものでしょうか?
③手術後の経過はどのようになるのでしょうか。体力が回復せず死に至る確率はどれくらいでしょうか?
④回復したとして、平均して余命何年くらいでしょうか?そのようなデータはあるでしょうか?以上になりますが、どうぞよろしくお願いします。

腫瘍の種類は具体的には何と言われていますか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
32048;胞診をしていないので、良性腫瘍であろうと医師は言っています。
MRI画像を見る限り、硬膜内髄外腫瘍ということです。

硬膜内髄外腫瘍は腫瘍の個別の名前ではなく、硬膜内で脊髄の外に存在する腫瘍の総称です。

腫瘍の性質や予後は、出来る場所ではなく、その個別の腫瘍がなんであるのかによりますので、質問者様がお知りになりたいようなことは、腫瘍の名前が明らかにならなければお答えできないことはご了承ください。

腫瘍の名前は、MRI画像からだいたい推定できることもありますし、細胞診をするか手術をし腫瘍を顕微鏡で見てみなければ、腫瘍の名前が明らかにならない事も多くあります。

(現在の質問は、公立〇〇小学校の生徒なら、将来東大に進学できる可能性はどのくらいですか?というくらい回答するのに無理があるものだとお考えください。〇〇小学校という場所は特定されても、そのな中の生徒の学力はピンからキリまでで一様ではなく、〇〇小学校のどの子供のことなのか名前を明らかにしてもらわなければ難しいことです。)

その上で、現在の少ない情報の中で回答可能な事を捻出して回答します。

硬膜内髄外腫瘍は、硬膜内で脊髄の外に存在する腫瘍の総称ですが、組織学的には、神経鞘腫 が最も多く、次に髄膜腫が続き、類皮腫、類上皮腫、転移性腫瘍などがあります。

①手術を受けなかった場合、どのくらいの確率で何年くらいでどのような症状が出ると思われますか。個人によって違うと思いますが、一般的にいかがでしょうか?

→良性腫瘍というのは、転移をしないということが定義になっており、悪性腫瘍と違って、良性腫瘍が原因で命を落とすと言うことは非常に特殊なケース(脳腫瘍が生命維持の不可欠な部分にできてしまったなど)を除いてはありません。良性腫瘍の場合に問題になるのは、腫瘍が増大することで周囲の組織を圧排し、それにより何らかの弊害が起こるということがあります。

今回のような脊髄に近い部位の腫瘍では、硬膜内スペースで脊髄や神経根を圧迫し、神経根由来の痛みや、脊髄を圧迫して手足の麻痺を起こすことがあります。

良性腫瘍の発育スピードは腫瘍の性質や個々人で異なるので、何年も無症状で経過する人もいますし、比較的発育の早い人もいて、おっしゃるように人によって、腫瘍の名前によって異なるので、一般的に何年くらいでどのくらいの確率でというのは言うことは不可能です。ただ、一般的に言えるとすれば、腫瘍が小さい人は猶予がありますし、既にかなり大きくなっている人にはあまり猶予がありません。

胸椎の幅の4分の3くらいという大きさ、既に歩行困難の症状が出ていると言うことからは、既にかなり大きなサイズになっており、既に脊髄を圧迫しているということが想定されますので、この先排尿・排泄障害の出現や麻痺の進行のリスクはかなり高いように思います。

この点については、実際の画像所見を元に検討しなければならないので、実際に画像を見ている主治医に同じ質問をするしかないと思います。

②手術を受けた場合、手術失敗は別として、手術の成功で期待される症状の改善はどのようなものでしょうか?

→症状が改善するというよりは、この先に予想される排尿・排泄障害や麻痺の進行を予防するという意味合いが強いと思います。

手術をしたとしても、今の症状が改善するということは可能性としては低いと思います。

③手術後の経過はどのようになるのでしょうか。体力が回復せず死に至る確率はどれくらいでしょうか?

→体力が回復せずに死に至るようなことは、現代の予定手術ではほとんど考えられないです。手術に耐えられないような、予め手術は勧めないことがほとんどです。

④回復したとして、平均して余命何年くらいでしょうか?そのようなデータはあるでしょうか?

→そのようなデータはないです。

良性腫瘍が余命に関与することはないです。先に申し上げた通り、麻痺などで活動度には大きく影響することはありますが、良性腫瘍が直接の原因となって命を落とすことはないです。

しいていえば、厚労省発表の平成28年の80才の方の平均余命は11.82才となっています。それに良性腫瘍が及ぼす影響はありませんし、良性腫瘍を手術したしないが影響を及ぼすことはないと考えられます。

以上、説明に回答しましたが、全ては、主治医の「良性腫瘍」という前提での話であることはご了承ください。

悪性腫瘍や悪性腫瘍の転移であった場合は、全く話が異なってきます。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;回答ありがとうございます。
さらに質問があります。
①脊椎管狭窄症が腰椎にありますが、膝関節手術後歩けないのは、そのためでしょうか?
②脊椎管狭窄症と腫瘍による神経圧迫の症状に違いはありますか?(痛みが出る場所、痛み、しびれの出方等)以上よろしくお願いします。

①脊椎管狭窄症が腰椎にありますが、膝関節手術後歩けないのは、そのためでしょうか?

→実際に診察していないので、脊柱管狭窄症によるものか、胸椎の腫瘍によるものかは判断が付きかねます。

②脊椎管狭窄症と腫瘍による神経圧迫の症状に違いはありますか?(痛みが出る場所、痛み、しびれの出方等)

→狭窄症や腫瘍により症状が異なると言うよりは、脊髄の圧迫部位・圧迫高位により症状が異なります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
9313;脊椎管狭窄症と腫瘍による神経圧迫の症状に違いはありますか?(痛みが出る場所、痛み、しびれの出方等)
→狭窄症や腫瘍により症状が異なると言うよりは、脊髄の圧迫部位・圧迫高位により症状が異なります。⇒最初に記載しておりますように、脊柱管狭窄症は腰椎3番、腫瘍は胸椎9番と10番の間です。症状がどのように異なるのでしょうか?

皮膚感覚の異常が出現する高さが異なります。胸椎9、10であればおへそのあたりからそれより下、腰椎3番であれば太もものあたりから下の皮膚感覚の異常にが出現します。

下記サイト参考にされてください。胸椎はT9,T10、 腰椎はL3になります。

http://arbor.life.coocan.jp/10derumatomu.html

歩けない事についてはどちらでも説明が可能です。

ジャストアンサーは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトであると私は考えています。

途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。

そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

http://www.justanswer.jp/ob-gyn/91pjk-.html

この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。

既に当初のご質問に対しては過不足の無い回答をしたつもりです。

追加の質問に対しては、今回例外的に回答しましたが、これで最後とさせて頂きます。

これ以上の追加のご質問がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

このスレッドを適切に処理するとは、評価をつけて終了されるということです。

回答の評価方法については下記のヘルプを参考にされてください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer-hl

質問者: 返答済み 1 月 前.
30495;摯にご対応いただきありがとうございました。
これ以上の質問はありません。
評価させていただきます。

評価させて頂きますとのことですが、評価がなされていないままです。

回答の評価方法については下記のヘルプを参考にされてください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer-hl

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問