JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2272
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

パーキンソン病を10年前から患っています、前立腺肥大も10年以上前に診断されるも我慢していましたが、パーキンソンの治療薬

質問者の質問

パーキンソン病を10年前から患っています、前立腺肥大も10年以上前に診断されるも我慢していましたが、パーキンソンの治療薬を主に服用していました。数年前から便秘症になり、膨満で腹痛が耐えられなく、最近で頻尿の症状も酷く夜中に5~6回トイレに行くときもあります。また腰痛、股関節痛、背中が常時痛い。次第に歩行困難な状態になりつつあります。 手術をしたいのですがどんな手術をすれば良いのか、そしてできるのでしょうか? 77歳 男性
投稿: 7 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 7 ヶ月 前.

手術は前立腺の手術でしょうか。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 7 ヶ月 前.

パーキンソン病の方が手術をされる際は、麻酔に関して特別な対応が必要ですが、前立腺肥大症の手術は可能です。

麻酔科医の数が十分確保できるため、大学病院か、大きめの総合病院で行うのが望ましいと思います。

麻酔科の常勤医がいないような病院はやめておいたほうがいいです。

パーキンソン病で通院されている病院であれば、神経内科の主治医もいますから、できればそこの病院の中の泌尿器科に、神経内科の主治医から紹介してもらって受診するのがよろしいのではないでしょうか?

前立腺肥大症の手術は、現在では色々な方法がありますが、病院によって取り扱っている手術方法が異なります。

100gを超えるような巨大な前立腺肥大の場合には、開腹手術によって肥大した前立腺を摘出することがありますが、通常は、尿道から内視鏡を挿入して行う手術が行われます。内視鏡を挿入するまでは同じですが、その後の前立腺を削り取る方法にいくつか種類があります。かつてはTURPという治療だけでしたが、最近はレーザーによる手術も広まってきています。

● 経尿道的前立腺切除術
(TUR-P: Transurethral Resection of Prostate)

尿道から内視鏡を挿入し、内視鏡の先端に装着した切除ループに電流を流し(電気メスと同じ)、肥大した前立腺を尿道側から少しずつ削り取って切除する方法です。この治療法が後述する治療法よりも先に行われていた元となる術式で、前立腺肥大症に対する最も標準的で、広く行われている方法です。

● ホルミウムレーザー前立腺核出術
(HoLEP: Holmiumu Laser Enucleation of Prostate)

尿道から内視鏡を挿入し、レーザーを照射しながら、前立腺は2層構造になっているのですが、肥大した前立腺(内腺)と外腺の間を剥離して、内腺の部分を塊としてくり抜きます。くり抜いた内腺は、膀胱の中で細かく砕いて、吸引して取り出します。出血量が少なくすむメリットがあります。

● 光選択的レーザー前立腺蒸散術
(PVP: photoselective vaporization of the Prostate by KTP laser)

尿道から挿入した内視鏡下に高出力のレーザーを照射して、肥大した内腺を蒸散(蒸発)させながら、切除します。非常に出血量が少なく、大きな前立腺肥大にも行うことができ、術後の尿道へのカテーテル留置期間も短いのが利点です。

● 経尿道的マイクロ波高温度治療術
(TUMT:Transurethral Microwave Thermotherapy)

手術治療の中でも低侵襲治療に分類され、尿道から挿入したカテーテルからマイクロ波を発射し、前立腺組織を熱によって壊死させることにより前立腺内腺を縮小します。先に述べた、標準的手術方法であるTURPと同程度の治療効果があると言われていますが、再手術率が高いという報告もあります。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 7 ヶ月 前.

その後お加減はいかがでしょうか?

追加で質問があれば返信機能を利用されてください。

追加で質問がなければ、回答に対する★の数の評価をシステム上からお願いします。

医療 についての関連する質問