JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1088
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

1月19日の昼食にステーキと生クリームケーキを食し、翌日20日に胃痛と腹痛を起こし吐きそうになりました。即掛かりつけのク

質問者の質問

1月19日の昼食にステーキと生クリームケーキを食し、翌日20日に胃痛と腹痛を起こし吐きそうになりました。即掛かりつけのクリニック(逆流性食道炎の為)へ行き、みぞおちの痛み腹痛を訴えると、腹痛の痛み止めブスコパン錠10mgとモサプリドクエン酸塩錠5mg、オーネスspを処方されました。
服用して腹痛は治りましたがみぞおちの痛みは止まらず左横腹と背中の鈍痛があり、一週間後27日再度クリニックへ行き、2月1日に胃カメラ検査 異常無しの為 ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒を処方されました。
それでもみぞおちと左横腹と背中の鈍痛が続いたので2月8日再度クリニックへ行きCT(他のクリニック)を撮りました。
所見
スキャン範囲内の肺野に特記すべき異常を認めません。
膵臓:全体に萎縮しています(図1、2)。主膵管の拡張や腫瘤は認めません。
脾臓:尾側に26mm大の類円形結節の存在が疑われます(図3、4)。
下行結腸に憩室を認めます。活動性の炎症を伴っていません。
肝臓、胆嚢、腎臓、副腎に特記すべき異常所見を認めません。
病的リンパ節腫大を認めません。
腹水を認めません。
骨に異常所見を認めません。
以上が読影レポートでした。
先生はこれを見て異常無くて良かったと言いました。そこでまた薬を変えて タケキャブ錠20mg、ガストローム顆粒66.7%、ガナトン錠50mgを処方されました。
でも胃と横腹と背中の鈍痛は止まず食欲もなく、たまにみぞおちに針でチクチクと刺す様な痛みが有り不安な気持ちになります。
自分なりに膵臓の萎縮を調べると症状が同じでこのままこの先生に掛かっていていいのかわかりません。どうか良いアドバイスをいただきたくお願いします。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 2 ヶ月 前.

質問ありがとうございます。

【情報リクエスト】

1 CTを撮影した結果を説明したのは消化器内科の医師でしょうか?

2 お酒は飲みますか? 飲むなら量と頻度を教えてください。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 2 ヶ月 前.

先に回答させて頂きます。

CTでの膵臓の委縮や、脂肪成分の多い食事によるみぞおちの痛み、背中の鈍痛ということからは、慢性膵炎を疑います。

膵臓疾患の痛みはみぞおちや背中に痛みが出現しますし、膵臓は脂肪成分の消化液を排出しますので、脂肪分の多い食事(ステーキや生クリーム)の摂取で膵臓に負担がかかり痛みが出現したと考えられます。

わりと典型的な症状のように思います。

CTを施行したクリニックの医師が消化器内科医ではないのであれば、そこで貰ったCTレポートを持って、総合病院の消化器内科を受診されるのがいいです。

できれば、CTを撮ったクリニックでCT画像をCDに焼いてもらって紹介状を書いてもらうと、もう一度総合病院でCTをとらずにすむので、その方がいいです。

慢性膵炎についての説明は下記ページ参考にされてください。

http://todai-tansui.com/case/academic/case08.html

医療 についての関連する質問