JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1060
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

シェーグレン症候群による間質性肺炎と診断されています。少しの運動で息切れするので、現在在宅酸素を使っています。ステロイド

質問者の質問

シェーグレン症候群による間質性肺炎と診断されています。少しの運動で息切れするので、現在在宅酸素を使っています。ステロイドと免疫抑制剤は副作用がひどいので使わないほうが良いということで、オフェブ100mgを飲んでいますが、息苦しさが、徐々にひどくなるように感じています。ステロイドと免疫療法は今からでも有効でしょうか?よろしくお願いします。なお、間質性肺炎と診断されて4年になります。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 2 ヶ月 前.

質問ありがとうございます。

お辛い状況ですね。

>ステロイドと免疫療法は今からでも有効でしょうか?

→診察や画像を見ることができないため今の肺の状態がわからないので、正確な事は申し上げられませんが、有効である可能性は考えられます。

ただ、今の主治医は使用に消極的であれば、一度紹介状を書いてもらって、他の呼吸器内科専門医の意見をセカンドオピニオンとしてきいてみられてはいかがでしょうか?

もし今は膠原病科にかかっているということであれば、なおさら呼吸器専門医の意見をきいてみるべきだと思います。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 2 ヶ月 前.

間質性肺炎にも色々と種類があり、特発性間質性肺炎という原因不明の間質性肺炎には、原則的には慢性期の安定した間質性肺炎に対してはステロイドや免疫抑制剤の使用は推奨されていません。かつてはそれらの薬は多く使用されていたのですが、それらの薬を使って効果を判定した試験において、その有効性が認められなかったという報告がなされたからです。

一般的な治療としては、現在質問者様が使用されている線維化を防止するお薬(オフェブカプセル)と在宅酸素を行うのが一般的な治療になります。

ステロイドや免疫抑制剤の使用は急性増悪といって急に悪くなった時に行います。

ただし、質問者様のように膠原病が原因で起こる間質性肺炎の場合には、上記の限りではなく、 膠原病に伴う間質性肺炎では、副腎皮質ステロイドとともに免疫抑制薬が使用されることが多いです。しかし膠原病に伴う間質性肺炎に対する治療については十分な確立した治療指針が存在せず、個々の患者さんごとに自覚症状やCT所見、呼吸機能検査、病理組織パターンなどを総合的に評価し、治療方針を決定するため、画一的に決められるものではないのです。ですので、セカンドオピニオン先の医師に検査所見をみて貰い、ステロイドや免疫抑制剤の治療を行うか相談されるのがよろしいと思います。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 2 ヶ月 前.

追加で質問があれば返信機能を利用してください。

追加で質問がなければ回答に対する評価をシステム上からお願いします。

医療 についての関連する質問