JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1159
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

胃切除後経過観察中です10日前に造影剤ct検査を受けたました異常なしでした、でも血液検査の肝機能がalt62astが38

ユーザー評価:

胃切除後経過観察中です10日前に造影剤ct検査を受けたました異常なしでした、でも血液検査の肝機能がalt62astが38ビビルビンが1、9でした癌の転移以外にこんなことはありますか?

総合診療医のKKと申します。

ALT:62、AST:38、総ビリルビン(T.bil):1.9程度の上昇であれば、肝転移以外にも原因は考えうると思います。

ただ、診察・検査できないインターネット遠隔医療相談では診断はできません。

【情報リクエスト】

①胃切除は、胃がんに対して行われたのだと推察します。全切除だったのでしょうか。また、胃がんのステージを教えて下さい。

②胃切除術を受けたのはいつだったか、教えて下さい。

③術後の食生活や体重の変化について教えて下さい。

④本件に関する主治医の見解を教えて下さい。

⑤あなたのご年齢と性別を教えて下さい。

⑥胃がん以外の持病や常用薬があれば教えて下さい。

⑦術後、胃がんに対して服用されている薬があれば教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
1、上部切除 ステージ2b 2、2015、6オペ 3、食欲不振、オペ前75キロ、体重減少20キロだったが、現在60キロ 4、主治医は問題ないと言うが血液データには肝機能に相当の異常ありの数値。ドクターの見落とし? 5、69歳男性 6、持病なし 7、先程お知らせした薬以外の服用はありません。

ご返信ありがとうございます。

⑧「相当の異常ありの数値」ということですが、「相当の」と考えられる根拠を教えて下さい。例えば、AST:38は正常値だと思うのですが。

⑨ALT:62、AST:38、総ビリルビン(T.bil):1.9の結果が出た血液検査以前に行われた血液検査のALT、AST、総ビリルビン(T.bil)の値を教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
3ヶ月前、⑨ALT:22AST:18総ビリルビン(T.bil1、6

総ビリルビン(T.bil)は1.6で間違いありませんか?

⑧「相当の異常ありの数値」ということですが、「相当の」と考えられる根拠を教えて下さい。

ーーこちらもご返信お願いします。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12399;い、間違いありません。

⑧「相当の異常ありの数値」ということですが、「相当の」と考えられる根拠を教えて下さい。

ーーこちらもご返信お願いします。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
33258;分なりにネット等で調べた結果、高いと思った。

ご返信ありがとうございます。

まず、ご安心いただきたいのですが、ALT:62、AST:38、総ビリルビン(T.bil):1.9という値は、決して「相当に高い」値ではありません。

ビリルビンに関しては、前回の検査でも基準値より少し高かったようですが、胃切除術では胆のうの神経を切ることが多いので、その影響かもしれません。

各検査指標ごとに、「遊び」と申しますか、「どれくらい上昇すると臨床的に問題がある」という幅は異なります。

例えば、痛風の指標となる尿酸値ですと、3.8~7.5mg/dLが正常値ですが、これは8.0になるともう危ない(痛風発症の危険がある値)です。

一方で、ASTが22から62に、ALTが18から38に上昇しても、これを臨床的に意義があると見做す医師はいないと思います(特に、ALTは正常範囲内での変化ですので問題はありません)。100台、200台になると「何かあるかな」と考え始めるくらい、「幅」と余裕がある指標です。

胃切除後は食生活が術前とは変わってくるので、体重を戻そうとする段階で食事量が増えてくるにつれて、一時的に肝臓に負担がかかることがあります。今回のAST、ALTの変動はそれで説明が付く範囲内のものであると思います。

「ドクターの見落とし」ではなく、主治医もそのように考えたのたのではないかと推察します。

⑩血液検査の項目の中に、腫瘍マーカー(CEAおよびCA19-9)は含まれていませんか?

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
Ca19ー9は13、8ceaは2.9でした。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
Alt22-62ast16-38の間違いです。

Alt22-62ast16-38の間違いです。

ーー失礼しました。それでもなお、これらが臨床的に問題があると見做される値ではありません。

腫瘍マーカーの上昇も認められませんし、ご記載の肝機能関連の指標の上昇も胃切除後に認められる変化として矛盾しないものです。

全ての血液検査値が正常値にあることはむしろ稀です。

もちろん、再発を懸念されるお気持ちは理解しますが、主治医も、全ての所見をご覧になり、総合的に判断を下していると思います。

現時点で、胃がんの再発・肝転移を現実的にご心配される必要はないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12431;かりました、色々ありがとうざいます。

どういたしまして。

星の評価をお願いいたします。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問