JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1342
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

片側顔面痙攣で、微血減圧術の手術をしたのですが、合併症として、右の耳の聴力低下と、右顔面のしびれが、残っていて、

ユーザー評価:

片側顔面痙攣で、微血減圧術の手術をしたのですが、合併症として、右の耳の聴力低下と、右顔面のしびれが、残っていて、
主治医の先生は、1か月単位で良くなっていくと言われましたが、まだしびれが残ってます。いつ頃しびれがなくなるのでしょうか?
それと、ヘルストンを使っての治療はできますか?

総合診療医のKKと申します。

顔面の運動は顔面神経、感覚は三叉神経という脳神経で司られています。この2本の神経はほぼ並行して走行しています。

http://painful-jaw.com/img/con03_p005.gif(←クリックして下さい)

顔面痙攣は顔面神経が血管で圧迫されて起こります。

これを離す手術をした際に、どうやらずいぶんと苦戦したようですから、三叉神経節にも傷を付け、そのために痺れが起きているのだと思われます。

【情報リクエスト】

➀執刀医からは上記のような説明は受けているでしょうか。どれくらい三叉神経がダメージを受けたかによって、治る・治らない、治るまでの期間は違ってきますので・・・

②リリカのような、神経障害性疼痛のお薬などは処方されていないのでしょうか。

③「ヘルストン治療」とはこれのことでしょうか? であるとすれば、厚生労働省が認可した医療用治療機器ではありませんので、医師である私どもからはなんともコメントいたしかねますが。

http://imimatome.com/zatugaku/gyoukai/701/

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

こちらと同じご質問ですよね?

http://www.justanswer.jp/internal-medicine/aflos-2.html

質問者: 返答済み 1 年 前.
12375;びれをとる薬として、メコパラミン、めまいを緩和する薬として、アデホスコーワ顆粒を飲んでます
執刀医は福島先生で、こんど26日に手術の経過など聞きます
多分質問してます。パスワードを忘れたので再入力してます。

神経の原則として、中枢神経(脳や脊髄)の細胞は再生せず、末梢神経は再生する能力があります。

三叉神経は末梢神経ですので再生しますが、感覚を司る神経ですので、神経自体が再生しても、中の神経線維の混線が起きて感覚障害が残ることはあります。

末梢神経の再生にかかるのは3~6ヶ月ですので、まだまだこれから改善する可能性はあります。

しかし症状は残る可能性があります。

その場合、ペインクリニックなどで、痺れに対する治療を行う必要があると思います。

――これで回答になっておりますでしょうか?

追加のご質問がなければ星の評価をお願いいたします。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26日に福島先生より、手術の説明を受けました。
私の場合、太い血管が神経に触っていた為、苦戦したそうです。
それにより、耳の神経が引っ張られ、難聴になったそうです。
また、6か月後に診察に行き、聴力の検査します。

医療 についての関連する質問