JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
すずき先生に今すぐ質問する
すずき先生
すずき先生, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 945
経験:  前国立大学病院医師
97224115
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
すずき先生がオンラインで質問受付中

ステロイドの離脱症状について教えて下さい。

ユーザー評価:

ステロイドの離脱症状について教えて下さい。
喘息でプレドニゾロン(15mg/day)を7年程服用してきました。途中、増減もありましたがステロイドを服用しなかった日はほとんどありません。医師からは食欲亢進についての注意があっただけです。
半年前に転院し治療方針も大きく変わり、2ヶ月程前からは発作時のみの点滴、短期内服で落ち着くようになってきました。治療ステップの3~4で様子を見ている状態です。
現在、食欲不振と倦怠感がひどく、半年で体重も25㎏以上落ちました。甲状腺や膠原病、消化器については一度調べて頂きました。他疾患が見られないものとして、これはステロイドの離脱症状と考えられますでしょうか。もしそうだった場合、日にち薬というか、時間がたてば元気になっていくでしょうか。普段の生活でできることはあるでしょうか。

はじめまして。転院されたときにプレドニゾロンの減薬はどのようにされたのでしょうか?量をどのように減らされましたか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
36578;院後はデカドロン3.3mgとソル・メドロール125mgの点滴を2週間受けました。その後は発作に応じてプレドニン30mgから15mgの間で短期内服をしていますが、微量での継続的な減量はしていません。一気に喘息を抑えて、切ったという状況です。

情報ありがとうございます。緊急で対応が必要になりご連絡遅くなりました。さて、まずプレドニゾロンの休薬の仕方には少し問題があったような印象はありますが、重篤な離脱症状がなかったのはよかったと思います。体重が落ちた理由はやはりステロイドの減薬は十分に考えられる理由と思われます。食欲が減衰したりすることも影響していると思います。体重の減量だけで離脱症状がおさまったのであれば良いほうであると考えるのもよいかもしれません。ただ、本当に離脱症状がないのか他の医師に診ていただいたのでしょうか?同じ医師に色々と調べてもらったのでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
24481;返信ありがとうございます。検査して頂いたのは転院後の主治医です。離脱症状の為の検査ではなく、最初は微熱も続いていたので他の疾患がないか調べたという感じです。膠原病でひっかかったので総合病院でも再検査しましたが、一時的な免疫機能の乱れとのことでした。主治医もそれで納得したようですし、ある程度の検査で異常が見られなかったので、私自身もそのうち体力が戻るかと追及をやめてしまいました。(4ヶ月前のことです)長期服用は、離脱も長くかかるというのを目にして、私程度の服用でも、まだ影響があるのかなと思い質問させて頂きました。

ありがとうございます。離脱症状そのものは中止からすぐが多いため、また半年経過していますので検査上問題なければそれほど心配する必要はないようには思います。体重の減りは確かに気になるところですがその他新たな症状が出なければ様子見になるかと思います。

すずき先生をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
23433;心いたしました。とりあえず体力の回復に努めて、様子を見たいと思います。ありがとうございました。

医療 についての関連する質問