JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Zawan24に今すぐ質問する
Zawan24
Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1107
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

食後1時間後くらいから気持ちの悪さ・ふらつき・多少手足のしびれがあります。大便通時にも悪寒があります。体を動かすと症状が

ユーザー評価:

食後1時間後くらいから気持ちの悪さ・ふらつき・多少手足のしびれがあります。大便通時にも悪寒があります。体を動かすと症状が激しくなりますが、5〜6時間安静にしていると(気持ちの悪さは持続していますが)一旦なおります。以前から食後に同様の症状は少しあったのですが、先週末深酒をした後から激しくなり、現状出勤できないほどです。おととい時間外救急で病院に行きましたが、飲酒による胃腸不良と診断されて点滴とガスター10&ナウゼリンを2日分服用しましたが効果がありません。自分で調べてみたのですが、もしかして食後低血糖・低血圧かと思い、ブドウ糖を摂取するためポカリスエットを500ml飲み安静にしていると多少症状が緩和します。食後低血糖・低血圧であっていますでしょうか?また病院を変更しようと考えているのですが何科に行けば良いのでしょうか?東京都内の病院も紹介していただけると助かります。よろしくお願いいたします。

確認させていただきたいことがありますが、よろしいでしょうか。

アルコール摂取れきが長いのであれば、飲酒歴(種類・量・期間)を教えて頂けますでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12450;ルコールの種類は主にウィスキー&ウォッカです。量は通常平日はアルコール換算で40〜60gになるように計算して飲んでいますが、先週末のように100gを超える飲酒をすることが月に2回くらいあります。週に一度は休肝日を設けています。期間は20年以上になるかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
20808;週土曜日以降は飲酒していませんが、症状が出ています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
26412;日朝になって食事後でなくても(昨日午後4時以降食事をしていません。ポカリスエットのみです)胃の上部からのむかつき感・気持ちの悪さ・ふらつきが醜くなっています。

情報提供ありがとうございます。

実際に診察を行わない限り、判断は難しいですが、お話を伺う分では「食後1時間後くらいから気持ちの悪さ・ふらつき・多少手足の痺れ」の症状は、糖分補給により緩和されていることから、食後低血糖の症状の可能性が高いと考えられます。

しかしながら、その際の血糖値がいくらであったかを評価しない限り確定は困難です。

休肝日を設けているとのことですが、ほぼ毎日アルコール換算で40〜60g摂取されているというのは、量的には多めと考えます。肝臓や膵臓の機能障害により、低血糖症状やむかつき感などの症状が出現している可能性があります。また、アルコール長期摂取の影響で食道や胃の粘膜がダメージを受けている可能性も否定できません。

肝機能・膵機能の評価目的での血液検査や超音波検査、腹部CTに加え、上部消化管の状態を評価する目的で内視鏡検査を施行されるのが望ましいと考えます。

時間外救急では詳細な検査を行うのは不可能ですので、種々の検査が行える総合病院の消化器内科外来を受診し精査されることをお勧めします。

当方は地方在住であるため、首都圏の医療事情は詳しくありません。

Zawan24をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございました。総合病院の消化器内科外来を受診しようと思います。