JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1237
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

55歳の主人の鼠径ヘルニアの術後の状態についての相談です。

ユーザー評価:

55歳の主人の鼠径ヘルニアの術後の状態についての相談です。
昨年6月に腹腔鏡で網を入れる手術を受けました。術後より突っ張るような痛みがたびたびありましたが、10ヶ月たった今でも、座り込む程の痛みが急におこり、「手術を受けなければ良かった。」と漏らすこともあるほどです。
手術は地元では大きな総合病院で、執刀された医師は、この手術に大変な自信をもっておられ、診察時間の8割方、いかに素晴らしい手術であったかの自慢話をされ、こちらの痛みについては、「しばらくは痛いのが当たり前。」とおっしゃり、とりあっていただけませんでしたので、主人は「もうその医師の診察はうけたくない。」ともうしております。
セカンドオピニオンを考えていますが、そもそも10ヶ月経ってもこのような痛みがたびたびおこるのが、普通の事なのかどうか?
もし、異常があれば、どんなことがかんがえられるのか?
また、他の病院を受診するにあたって、注意することはあるか?などを教えてください。

総合診療医のKKと申します。

診察が出来ないインターネット医療相談では診断はできませんが、典型的な「鼠径ヘルニア術後の慢性痛」であるように思われます。

と申しますのは、鼠径ヘルニアの手術では、精管、血管、神経で構成される鼠径管と呼ばれる管に操作が及びますので、神経が締め付けられたり圧迫されたりして、術後に疼痛が高い確率で生じるからです。

通常はこの疼痛は3ヶ月以内に治まる急性疼痛ですが、10%以上の患者様で、鼠蹊部から睾丸に放散する慢性疼痛が慢性的に続きます。

【情報リクエスト】

➀術前の説明文書に、術後の慢性疼痛に関する記載は無かったでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

ペイクリニックを受診されることをお勧めいたします。

下記のサイトから、ペインクリニックを検索することができますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】

http://www.pain.ne.jp/

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございます。
主人に確認しましたところ、執刀医からは「痛いこともあるが、ガマンするしかない。」とはいわれたが、慢性疼痛についての説明はなかったそうです。
ペインクリニックでは、痛みを和らげていただけるとおもいますが、原因となっているものが無くなるわけではないと思うので、痛みとはこれからも付き合って行かなくてはならない。と、言うことでしょうか?
手術の為に大きな病院を紹介して下さった地元の個人病院に行って相談しても、
同じような回答になると考えてよろしいのでしょうか。

鼠径ヘルニアの後遺症の慢性疼痛は、早期に適切な治療を行えば、時間とともに軽減・消失することが知られています。

肝要なのは痛みを早期に抑えることなのです。

それがなされずに痛みが一定期間持続すると、脳の中に誤った回路が出来てしまい、それが慢性疼痛の原因となると信じられています。

ご主人の場合、初期に適切な除痛治療が行われていないのは残念なことですが、今からでも、できるだけ早く、除痛のための治療を受けられるべきでしょう。

痛みは、少しずつ軽減し、中長期的には治療を要さなくなることも期待できます。

「鼠径ヘルニア手術後の慢性疼痛」はあまりにも有名な合併症ですので、他医に尋ねても類似の回答が返ってくる可能性が高いと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
19969;寧な回答をありがとうございます。
うずくまるような痛みでは無く、突っ張るようないたみで、少しじっとしていたら痛みが無くなっていくような、ガマンでき無くはない状態の場合でも、除痛治療を受け方がよろしいでしょうか?

まず痛みが無い状態を一定期間(月単位、年単位)で作らなければ慢性疼痛は治りません。

「少々の痛みは我慢」という日本人の忍耐強さは、実は慢性疼痛の温床となっています。

そろそろ評価をお願いします。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。

【回答を評価するには、どうすればいいですか】

専門家からの回答の下に表示される、5つの星の数を選んで、回答を評価してください。

プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。

http://ww2.justanswer.jp/sites/default/files/help/Drupal_How%20do%20I%20rate%20answer.png

医療 についての関連する質問