JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1340
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

86歳の母のことでお聞きします。

ユーザー評価:

86歳の母のことでお聞きします。
1年以上前から左手の痛み痺れで苦しんでいました。レントゲンなどで頚椎ヘルニアだと言う見立てで骨接ぎやマッサージなどで治療してきましたが、改善せず先日総合病院でMRIを撮って神経鞘腫だと判明しました。それまではロキソニンなどの痛み止めを使っていましたがあまり効果がなかったようでした。今回リリカカプセルに変えたところ痛みなどは改善したようですが、副作用がひどくなってしまいました。何かよい方法は無いでしょうか?
宜しくお願いします。

総合診療医のKKと申します。

【情報リクエスト】

①神経ブロック注射は勧められていないでしょうか?

②主治医は脊椎の専門医ですか?

③ペインクリニックの受診は勧められていませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 年 前.
1.勧められていません。②脳神経外科医。③薬の処方だけで再診の必要は無いと言われたそうです

了解しました。

リリカは「神経障害性疼痛(神経因性疼痛)」の特効薬ですが、神経に働く薬であるため、眠気やふらつきなどの副作用が出やすく、高齢の患者様では十分量を用いることがしばしば難しい薬です。

リリカが有効であることは、お母様の左腕のしびれが、神経鞘腫によって頸髄神経(脊髄から、頸椎の間を通って上肢に伸びる神経)の根本が圧迫されていることで生じた神経障害性疼痛であることを示唆する臨床所見です。

根治治療が難しいのであれば、対症療法を行うしかないのですが、リリカを初めとした、神経障害性疼痛の飲み薬はどれも副作用が強く現れるという共通した特徴があります。

神経ブロック注射であれば、圧迫を受けている神経の根本に局所麻酔薬を送り届ける局所治療ですので、全身性の副作用が起こることは稀です。

ペインクリニックを受診されてはと思います。

下記のサイトから、ペインクリニックを検索することができますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】

http://www.pain.ne.jp/

質問者: 返答済み 1 年 前.
25972;形外科を受診しようかと考えているようなのですがペインクリニックとどちらが良いのでですか?

根治療法を行わないのであればどちらでも同じような治療方針になりますが、その場合はペインクリニックのほうが適切な治療を受けられると思います。

整形外科を受診されるのであれば脊椎専門の整形外科を受診されて下さい。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】

https://kcs.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/new_search_doctor/spine.html

質問者: 返答済み 1 年 前.
65304;6才高齢者には根治治療はどうなのでしょう。ブロック注射とは定期的に続けていくのでしょうか

根治療法が可能かどうかは病状やお母様の全身状態がわからないインターネット医療相談では判断いたしかねます。現実世界の専門医の診察を受けられて相談されるべきでしょう。

神経ブロック注射は数週間に一度の頻度での施行が必要です。

そろそろ星の評価をお願いします。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中