JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1237
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

四日市市在住の82歳男性です。二月に左肩に五十肩の痛み発症、三月初旬に湿疹が左腕内側一の腕と二の腕の間にでて皮膚科にて帯

ユーザー評価:

四日市市在住の82歳男性です。二月に左肩に五十肩の痛み発症、三月初旬に湿疹が左腕内側一の腕と二の腕の間にでて皮膚科にて帯状疱疹と診断され、ただちに抗菌剤でヘルペス菌は一週間で退治され湿疹は治癒した。しかし、その後左肩に強い痛みが出て、その皮膚科より、リリカとトラムセット配合錠を処方されリリカは漸増し最終的には75mgまで行って約一か月が過ぎた。しかし、一向に痛みは取れず投薬の副作用で食欲減退、やる気失せ、息切れもしてあまりにつらいので、一昨日ペインクリニックの町医者に行ったら、五十肩が主なる原因なのでとハリ治療が始まったが、帯状疱疹の後遺症ではないという。しかし、自分では左肩の痛みと湿疹後の痛みが連動しているので双方が絡む複合的なものと感じている。それに薬害がひどいので一昨日から薬をやめたが、急に中止したためか今日に至っても投薬中止のショック症状のようなものが続いており、少しは薄れつつあるがとてもしんどい。
果たして町医者のペインクリニックに通うべきか、信頼できる大病院の門をたたくべきか迷っています。とにかく投薬はこの年寄りには副作用がきつすぎてもう再開したくないし、できれば温熱療法などで痛みをこらえてでも治療していきたいと思っています。指針をくだされば幸いです。

総合診療医のKKと申します。

リリカの最低有効用量は1日300mgです(最高600mg)。

その4分の1しか用いられていませんが、副作用が強く現れているようですからリリカのこれ以上の使用は確かに望み薄でしょう。

あくまで現在の痛みが帯状疱疹後神経痛であると考えるならば、神経ブロック注射がおそらくは最も有効な治療法になります。

ただし治療は診断ありきで決まるものですから、医師が帯状疱疹後神経痛だと診断しなければ、どこの病院に行っても五十肩の治療が行われる可能性が高いと思います。

【情報リクエスト】

①皮膚科主治医は帯状疱疹後神経痛と診断したのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答ありがとうございます。
そうです、皮膚科医は帯状疱疹後の神経痛と診断し、リリカとトラムセットを処方しました。しかし一昨日のペインクリニック外来医は肩のあたりに湿疹が1~2か所しかない上、帯状疱疹治癒後まもないので神経痛ではないのではないかと申しました(後遺症の場合年単位だそうです)。私個人は左腕湿疹後と左肩の疼痛が連動しているので、五十肩もあるかもしれませんが、帯状疱疹あとの神経痛も絡んでいると思っています。
注射という次の手があるようですが、中京地区ではどこの病院がいいでしょうか。副作用はありませんか。今はそれが怖いのでむしろ痛みを我慢しながら徐々に治せないかとも考えていますが、それもつらいです。注射が有効ならぜひその医療機関をご紹介ください。

神経ブロック注射は、局所麻酔を用いた治療法ですので、全身性の副作用はありません。

起こるとすれば、針を刺すという行為に付随する合併症ですが、頻度は高くありません。

http://www.nanbyo-study.jp/?page_id=786(←クリックして下さい)

ジャストアンサーでは、専門家のほとんどが具体的な病院の紹介を行っていません。

医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし(中京地区といっても広いですよね)、あなたを実際に診察しているわけでもありません(本来、紹介は、診察をした医師だけが出来ます)。

医師とあなたの相性の問題もあります。

そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるのです。

例えば、私が勧めた病院のペインクリニックでも、また、五十肩と診断されてその治療が行われるかもしれません。

病院はご自身で探していただくか、皮膚科主治医に紹介してもらうかしかありません。

あるいは、ペインクリニック一覧のようなサイトを紹介することはできます(ただ、それに従って受診していただいても、どのような治療が行われるかまではわかりません)。

それをご了承いただけるのであれば、一覧はお示しできます。

いかがでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。
では、そのことを承知の上で病院の一覧をご紹介いただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

了解しました。

下記のサイトから、ペインクリニックを検索することができますので、通いやすい場所の医療機関を探して下さい。皮膚科の主治医に紹介状を作成してもらって受診した方がスムーズだと思います。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】

http://www.pain.ne.jp/

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問