JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 483
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

間質性肺炎疑いで気管支鏡とセカンドオピニオンの先生に相談、初診の先生はリスクが多いので少し経過観察をしてはといわれた、ベ

ユーザー評価:

間質性肺炎疑いで気管支鏡とセカンドオピニオンの先生に相談、初診の先生はリスクが多いので少し経過観察をしてはといわれた、ベストな選択はオッ尋ねたら何とも言えないとの事です。65歳を過ぎると気管支鏡検査はリスクが多いですか。

65歳の年齢は許容範囲ですが、

それよりも、肺の状態や呼吸機能が重視されます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在は自覚症状はほとんどないです、採血検査KL-6は994とレントゲン画像;CT等で間質性肺炎疑いです、
質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;のまま経過観察のみで過ごして良いものか、月に1回採血検査、レントゲン検査等も先生は言ってくれません。

KL-6と画像所見から、間質性肺炎が疑われますが、確定診断は、病理検査が必要となります。

現在、症状や呼吸機能の低下がないのであれば、経過観察で良いと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
32076;過観察は月に一度位でどのような検査を行いますか、病理検査は手順として気管支鏡検査ですか、時期的にはどのタイミングで行えばベストですか、やはり早い時期に専門の大きな病院に紹介して頂いた方が良いでしょうか。西日本では何所がありますか、宜しかったら教えて下さいお願いします。

経過は通常、1−3ヶ月で、胸部X線写真や、呼吸機能を検査します。

病理検査は、気管支鏡で組織を採取するか、それで取れない場合は、胸腔鏡を用いて、手術で採取する場合もあります。

西日本でも、大学病院や総合病院など、大きな病院であれば、間質性肺炎の経過は問題なく見れるので、自宅の近くが良いでしょう。

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問