JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1339
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

私82歳の男性です。約60年テニスを続けて現在も週3日2~3時間楽しんでおりました

ユーザー評価:

私82歳の男性です。約60年テニスを続けて現在も週3日2~3時間楽しんでおりました
昨年11月不注意から、家庭内で転倒し右腰部と右手首に打撲を受けました。
幸い腰部は2~3日で全く痛みがなくなりましたが、手首の骨に一部欠損があり、筋も
痛めたので、局部注射と痛み止め錠剤と塗り薬で現在90%程度まで回復しました。直後
に風邪をひき2週間ほど安静にして全快しました。  この後に経験した事が無い事
朝目覚め起き上がろうとした時、腰、両肩、首、両脚ふともも裏側筋肉に激痛が走り、 やっとの思いで立ち上がりました。不思議なことに3日目の朝あれだけ痛かった関節
の痛みがすっかり消えていました。安心してたところ、又3日目の朝再び関節の激痛
に見舞われました。日常生活もままならず、整形外科での痛み止めも全く効果無く
今日も痛みに耐えています。 適切な御診断とアドバイスをお願いいたします。

総合診療医のKKと申します。

もしかすると、本サイト(ジャストアンサー)に過大な期待をされているかもしれません。

本サイトは遠隔医療相談の場であって、遠隔診療の場ではありません。

http://info.medley.jp/entry/2016/06/23/165653(←クリックして下さい)

このため、診断や治療法を具体的に挙げたり指示したりすることはできないことはご理解下さい。

本サイトは、医療・健康情報提供サービスであり、ユーザーに対する診療行為に該当するものではありません。

現実問題、この数行の文字情報だけで診断が付くのであれば、病院へ行って診察や検査を受ける必要が無くなってしまいます。

よって、「適切な御診断とアドバイスをお願いいたします」というご質問に直接の回答をすることは難しいです。

【情報リクエスト】

➀どれくらいの規模の整形外科を受診して、どのような検査をこれまでに受けてきたのでしょうか。

②整形外科での診断名を教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 年 前.
24773;報リクエストに対する回答  1、 総合病院又は大学病院ではなく、街中の医師一人の整形外科医院です。                  2、 病院では痛みの箇所、痛みの状態を説明しましたが、診断の説明は無く、2週間分の痛み止め錠剤
                     を飲むようにとの指示だった。

了解しました。

あなたの主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「痛み止めと湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。

私見としては、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。

もちろん、全ての個人開業医に価値が無いと申すつもりはありませんが、診断の説明もせずに痛み止めを処方するその医師の態度にはあまり感心しません。治療は診断ありきで決まるものなのですから。

診察できないインターネット医療相談では診断はできませんが、文面を拝見する限りは、線維筋痛症(FMS)の可能性を考えるべきかもしれません。

【繊維筋痛症(FMS)】
http://www.jfsa.or.jp/page0101.html(←クリックして下さい)
http://merckmanual.jp/mmpej/sec04/ch040/ch040c.html

以下のサイトの日本線維筋痛症学会のウェブサイトで紹介されている専門医療機関を受診されることをお勧めします。

FMSの専門医は、相談者様のような原因不明の疼痛で困られている患者様を診慣れているので、他に可能性のある診断についても検討してくれる可能性が大です。
以下のサイトでFMSの専門医を検索できますので、地理的に通院しやすい医療機関を選んで受診されることをお勧めいたします。

【登録医療機関マップ | 日本線維筋痛症学会 - Japan College of Fibromyalgia Investigation(JCFI)】
http://jcfi.jp/network/network_map/index.html

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問