JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1234
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

おそれいります。 倉岡と申します。海老名市に住む56歳(男)です。

ユーザー評価:

おそれいります。
倉岡と申します。海老名市に住む56歳(男)です。
父(91歳)の腰痛が、この1週間で急激にひどくなり、今トイレにも壁伝いに行っている状態です。
本人は「救急車を呼びたい」というのですが、、、、
<経緯>
1月ぐらいから腰が痛いと言い出しましたが、3月の半ばまでは、散歩や運動ができていました。
先週金曜日に、「痛みがひどくなってきた」というので、一緒に海老名の総合病院を受信しました。
整形外科の先生に診ていただき、レントゲンの検査などで、以前から背骨が曲がっており、今回はその曲がった骨の一つ上がつぶれはじめているかもとのことで、貼る薬と飲み薬をいただきました。
このときも、本人がタクシーに一人で乗り、病院内では補助なしに、歩いて行ける状態でした。
また、、帰宅後は、「痛いときはあまり動かないほうが良い」と言われたこともあって、椅子に座って生活していました。
そのあと、2、3日で、痛さの範囲が広がっているようで、3日まえには、玄関まで補助なしに歩けていたのに、いまは椅子から布団に行くのにも、這っていかないといけないようです。
救急車を呼んだほうがよいのでしょうか?  ** 腰回り以外に痛いところは無く、食欲も細くなっていますが、朝昼晩と3食ちゃんと食します。
よろしくお願いいたします。
1週間たち、

総合診療医のKKと申します。

救急車を要請して救急病院を受診された方が良いと思います。

「レントゲンの検査などで、以前から背骨が曲がっており、今回はその曲がった骨の一つ上がつぶれはじめているかも」と診断されたとのことですが、これは腰椎の圧迫骨折を示唆されたのだと思います。

お父様くらいのご年齢ならば誘因が無くとも圧迫骨折が起こることがありますし、圧迫骨折初期はレントゲンでは診断が付きがたいことも珍しくないのです。

「痛いときはあまり動かないほうが良い」と言われたこともあって、椅子に座って生活していたというのもあだになったとおもいます。

日常生活の中では体位によって腰椎にかかる圧が異なり、立位より座位で高い圧(約1.5倍)が加わります。 つまり、腰椎に関して申し上げるならば、椅子に座って生活していたのであれば、むしろ無担が多くかかる時間を増やしていたことになります(圧迫骨折の場合は臥位で過ごさなければなりません)。

そのために椎体の圧潰が進行し、神経を圧迫するようになった可能性が高いと思います。

以上の推測が当たっていた場合、これ以上症状が進むと取り返しの付かないことになりますので、救急車を要請して整形外科を再受診することをお勧めします。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

KKです。

電話リクエストを受諾できず申し訳ありません。

受諾された先生と相談を進めて下さい。

医療 についての関連する質問