JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1238
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

あと半年で70歳を迎える69歳の女性です。

ユーザー評価:

あと半年で70歳を迎える69歳の女性です。
排尿の後にふき取ると、ごくたまに少量の、鮮血でなく茶色っぽい血液が付きます。尿の中に血液が混じっている事がないので、気になり、トイレでなくシャワールームで排尿してみると(何もない事が多いのですが、そんな時は)普通の尿の最後に汚れた血液(おりもの?)が出て来たりします。
毎回でなく疲れた時に多く、秋から冬場に多く、3か月から半年に1度位で、1回又は2回程度で収まってしまいます。
実は3年前(の3月)に膀胱腫瘍の手術をしており、3か月に1度、尿検査・半年に1度エコー検査・2度 内診もしていますが、毎回問題ないと。そのような症状があると話しても、尿検査はきれいなので、高齢女性には時折そんなこともあると言われ、そんなものなのかな~とも。
膀胱腫瘍が見つかった経緯は、鮮血が3日ほど続いたので、婦人科へ診て貰いに行きました。
その時に筋腫が3つもあると言われたものの、筋腫に関しての話はそれだけ。手術とも何とも言われませんでした。鮮血については尿たんぱくが出ているから膀胱炎だろうと言われ、薬を5日分出して貰って帰宅。年末だったこともあり、薬を飲んだら鮮血は止まったので、婦人科の方は その1度きりで、以後は言っておりません。その時、ついでに子宮癌の検査もしましたが異常なしでした。
3か月ほど経った頃に再び鮮血が続き、止まる様子が全くないので思い切って泌尿器科に行くと、その場で膀胱腫瘍だと。大学病院を紹介され手術しました。7つくらいとったと聞きましたが、いずれもグレード1で、一か所だけ尿道に近い所がグレード2に近かったと言われました。
(定期検診を続けながら)再発もなく、やっと3年経ち今日に至っています。
泌尿器科で症状を話しても問題ないと言われるので、この褐色の血液は筋腫が原因なのかと思うのですが、正直、婦人科で診て貰うのには勇気がいるもので、相談させていただきました。
腰が痛いとか・お腹が痛いとか・気分が悪い・食欲がないなどの、生活をする上での異常はなく、極めて元気です。アドバイス宜しくお願い致します。

総合診療医のKKと申します。

あなたのご年齢ですと、子宮筋腫が大きくなっていく可能性は低いです。子宮筋腫は女性ホルモンに反応して大きくなりますので、閉経後に進行することは少ないのです。

泌尿器科での検査結果からは出血源は泌尿器ではないと考えられます。

婦人科疾患による膣からの出血の可能性が高いでしょう。

診察できないインターネット医療相談では診断は行えませんが、考えられうる婦人科疾患の中には子宮体がんも含まれます。

勇気がいることは理解しますが、婦人科を受診されるべきだと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速の お返事ありがとうございました。内容は良く分かりました。最後にもう少し質問させて下さい。子宮体がんも含まれるとの話に、そうなのでは?と覚悟しました。実際の診察が行われていないので、答えは全て推測でしか答えられないのは充分承知していますが、それでも構わないので、敢えて質問させて下さい。確率としては高いのでしょうか?又、そうだった場合、治療はどのような形になるのでしょうか?もし手術する場合は、どれ位の入院になるのでしょうか? 質問責めで申し訳ありません。
実は91歳になる母親の面倒と、重度の知的障がい者を抱えており、もし入院する場合は、この2人の預け先を確保しなければならないので伺っておきたいのです。一か月以内で済むなら、ショートステイの形で近場を探せそうですが、長引くようなら東京都の施設で順番待ちをしなければならないもので・・自分の身体の覚悟もそうですが、そちらの心配もあり推測出来る範囲で教えていただけると助かります。

あなたが子宮体がんに罹っている可能性はお示しできません。

「60歳女性に性器出血が認められた場合、その原因が子宮体がんである可能性」を示した医学統計は無いのです。

しかしながら、子宮内膜症や子宮筋腫が閉経後に悪さをすることはありませんので(これらの良性疾患は、前述したように女性ホルモンに反応して悪くなるからです)、ご年齢的には、子宮体がんを含めた、悪性疾患の可能性が一定以上あることは認識されておいた方が良いと思います。

治療法は、ガイドラインで定められていますが、ご覧の通り煩雑です。

また、進行度によって、治療内容が異なります。

http://jsco-cpg.jp/item/24/algo.html(←クリックして下さい)

これは、実際に診断が付いてから主治医に説明を求められるべきでしょう。

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。

星の評価をお願いします。

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問