JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 484
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

昨日、妻が大腸ポリープの内視鏡検査時の生検結果を聞きに病院に行ったところ、グループ4でがんの疑いが強いという結果をいただ

ユーザー評価:

昨日、妻が大腸ポリープの内視鏡検査時の生検結果を聞きに病院に行ったところ、グループ4でがんの疑いが強いという結果をいただきました。医師によれば、「仮に悪性としても病気は早期の段階と思われ、まず内視鏡切除をトライして、処置が困難になる場合には外科切除になる。」とのことでした。質問は
1.ポリープの生検だけで、早期と判断できるのか?リンパ節への転移をどうして否定できるのか?
2. 内視鏡切除が困難な場合というのは、内視鏡切除時に直ちにわかることなのか?それとも、経過観察時にわかることなのか?
3.外科切除になった場合、病院にもよるが一般に手術までどの程度待たせられるのか?(ちょっと無理な質問かもしれません。)
以上、よろしくお願いいたします。

状況について了解しました。

質問に対する回答しますが、

1.100%ではないですが、統計的にポリープの性質および深達度から、リンパ節転移の有無の可能性を推察できます。

内視鏡的に深達度が浅い場合は、リンパ節転移の可能性は低いです。

2. 内視鏡切除時にわかることもありますが、最終的にはとれた標本を顕微鏡でみて決めます。顕微鏡的に進達度が深い場合、リンパ節転移の可能性が上がるので、手術で根治術を目指します。

3.1−2ヶ月が妥当です。これも、100%ではありませんが、生検の結果グループ4で、ポリープようであれば、まず内視鏡での切除をこころみます。その上で、病理で評価して、より進行している場合は、手術を行います。

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問