JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14643
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先ほどは失礼しました。

ユーザー評価:

先ほどは失礼しました。
一年前の健康診断で、高血圧なのが分かり投薬治療中です。二十年ほど前からは、うつ病で治療中です。十数年前から、腰痛あり数年前から両足も痛み出ししびれもあります。
家事や階段昇降(特に、昇るとき)、歩行を始めると痛くてたまりません。
高血圧で病院を変えたのですが、そのとき胸部レントゲンをして医師から心臓が若干大きいと言われました。ただ、それについての治療はしていません。

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

【間欠性跛行】

https://www.ohta-hp.or.jp/n_etc/80med/dep/dep50/d50_02.htm

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

間欠性跛行とは、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のことをいいます。具体的にはバス停の1区間を歩くのに何度も休む、団体旅行でみんなと一緒に歩けなくなった、立って家事をするとふくらはぎが痛くなるなどがあてはまります。実際に間欠性跛行は神経性と血管性の2つにわけられ、代表的な病気は、神経性跛行を起こす腰部脊柱管狭窄症と血管性跛行を起こす閉塞性動脈硬化症です。神経性でも血管性でも基本的に歩くと足が痛くなるという症状は一緒です。では両者では何が異なるのでしょうか?注目すべきは休むときの姿勢です。血管性跛行の場合、休む時の姿勢には関係なく、歩くのをやめれば症状はよくなります。ところが神経性の場合は立って休んでいても足の痛みやしびれはあまりとれません。たいていの場合、休むときにはベンチに腰掛けたり、しゃがみ込んだりと、腰が前かがみの状態で休んでいることが多いはずです。また、歩くのはつらいけど、意外と自転車には乗れるようです。自転車に乗るということは・・・そうです。座っている姿勢に近いので腰が前かがみになっていますね。これが神経性跛行の特徴です。現在では診断と治療がすすみ、間欠性跛行もよくなる症状の一つとなりました。神経性跛行と思われる方は整形外科を、血管性跛行と思われる方は心臓(血管)外科を受診してみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;日は、ありがとうございました。
かかりつけの医師と相談しまして今後の対応をしていくつもりです。

医療 についての関連する質問