JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
すずき先生に今すぐ質問する
すずき先生
すずき先生, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 949
経験:  前国立大学病院医師
97224115
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
すずき先生がオンラインで質問受付中

生後44日目の孫(男児)についてお尋ねします。生後2日目の検査(結果表なし)、再検査、再々検査で数値が高いと言われ、紹介

ユーザー評価:

生後44日目の孫(男児)についてお尋ねします。生後2日目の検査(結果表なし)、再検査、再々検査で数値が高いと言われ、紹介状をもって小児科の診察を受けました。
[再検査]  検査項目      検査結果  基準値   単位
尿中硫酸抱合型胆汁酸
新生児         ↑ 6.16 5.00以下  μmoL/L
クレアチニン補正   ↑ 56.51  55.00以下  μmoL/g cr
[再々検査] 尿中硫酸抱合型胆汁酸
新生児       ↑   7.31
クレアチニン補正 ↑ 170.00
上記の結果でした。小児科では、これだけ高いと腎臓が肥大しているものだと思われるが、エコーで診ても肥大が見られない、また数値はよく変わるから心配ないとのことで、
次回の診察指示もなく、息子夫婦は帰されたそうです。
本当にそのようなことで大丈夫なのか、釈然としない思いで、お尋ねすることにしました。どうぞよろしくお願いします。

まず質問させてください。

お孫さんは胆道閉鎖症を疑われているという事でよいでしょうか?もしくは肝炎などでしょうか?

①発熱などの全身に何かその他の異常はありますか?

②黄疸(おうだん)は出ていますか?皮膚が黄色くなるなど

③その他の検査所見では炎症反応などは問題なかったでしょうか?

以上確認させてください。

少し説明不足でした。

新生児マススクリーニング検査で尿中計測をしたら異常値が引っかかり小児科を紹介された?という事で良かったでしょうか?

③の質問に関してですが、エコー以外の検査は血液検査などはされておりませんでしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.
20877;検査でひっかかったときは、先天性代謝異常の疑いがあるとしか聞いていませんでした。
再々検査の結果を聞いたとき、はじめてクレアチニンという数値が高いと知った次第です。
検査結果のコピーがありますが、それには先の質問に書いた項目以外は何も記されていませんし、
産婦人科でも小児科でも特に言われたことはなさそうです。USBAという、嫁のメモ書きはあります。
遠方にいるため詳しい様子ははっきりわかりませんが、発熱、黄疸もでていません。
頬に少し湿疹があります。乳児湿疹というものなのか、息子が小さいころアトピーだったための
遺伝か、それも心配していますが。
小児科では、エコー検査以外、何も受けていません。
初歩的なことで申し訳ないですが、新生児の検査は足の裏から血液を採ってのもので、
血液検査はしているという認識です。

状況が良くわかりました。今、今後の事も含めまとめておりますので、今しばらくお待ち下さい。

■尿中硫酸抱合型胆汁酸(USBA)とは

ご存知のように胆汁酸は肝臓で作られ、胆のうに貯められます。胆汁の硫酸抱合化は肝臓で行われ、腎臓から胆汁酸を速やかに体外へ排出するために行われます。一種の解毒機構と考えられています。健康な場合は尿中のUSBAは微量ですが、肝臓や胆道系の異常によって、血中胆汁酸増加↑その結果→尿中胆汁酸増加↑となり、USBAの値が上がっていきます。

それでは新生児においてUSBAを測定する理由は

① 病的黄疸(肝臓や胆道系に異常がないか)と母乳性黄疸など良性の黄疸とを見分けるため

② 先天性胆道閉鎖症【せんてんせいたんどうへいさしょう】の早期発見

が主なものとなります。

■尿中硫酸抱合型胆汁酸(USBA)とは

尿中硫酸抱合型胆汁酸とは、胆汁酸の水酸基に硫酸がエステル結合をしたもので、生体内では3位の水酸基に結合したものがもっとも多いといわれています。胆汁酸の硫酸抱合化は、主として肝臓で行われ、その目的は、腎臓から、過剰な胆汁酸を速やかに体外へ排泄するためであります(解毒機構と考えられています)。健康な場合の尿中胆汁酸排泄量は微量ですが、肝胆道系の異常により、血中胆汁酸が増加し、それに伴い尿中胆汁酸も増加します。その際、尿中胆汁酸中の最も多い成分が硫酸抱合型胆汁酸であります。

【尿中硫酸抱合型胆汁酸(USBA)測定の意義】

①病的黄疸と母乳性黄疸など生理的黄疸との早期鑑別

②先天性胆道閉鎖症の早期発見

①に関しては病的黄疸があれば、やはりまず体が黄色くなる、尿が黄色から褐色になるなどの症状が出現してきますので、現状では考えにくい印象です。

つまり②を考えるわけですが、先天性胆道閉鎖症とは?

先天性胆道閉鎖症は小児三大難病の一疾病です。

診断するには下記が必要です。

A症状

1.黄疸、肝腫大、便色異常を呈することが多い。

2.新生児期から乳児期早期に症状を呈する。

B検査所見

1.血液・生化学的検査所見:直接ビリルビン値の上昇

2.十二指腸液採取検査で、胆汁の混入を認めない

3.画像検査所見

4.確定診断は手術時の肉眼的所見

このなかでAはほぼ全てのケースで認められるという事で、現段階で小児科の先生があまり説明しなかったのも疑いが少ないからなのかもしれません。

血液検査でも異常を指摘されていないようであればまずは経過観察となると思います。

USBAは実はそれ単独であれば偽陽性(本来病気がないのに陽性と出てしまう)の確率は高くなってしまいます。

今後気を付けなければならない点は上記にあげたような黄疸、便の色の異常(黄色味を帯びず白っぽくなってきます)などを注意してみて頂くとよいかと思います。もちろん発熱などがあった場合は風邪と思っても、診察して頂く先生にUSBAが引っかかったことがあると申し出ることも必要です。

以上ですが他に何かあればまた教えてください。

一部文章が重複してしまい申し訳ございませんでした。読み飛ばしていただければ幸いです。

なお、顔面に出ている湿疹に関しましては、乳児湿疹が考えられますが、その中でもアトピー性皮膚炎であれば耳たぶ、頭部など広い範囲で出て、さらにかゆみを伴います。今回のUSBAの異常値とは関係があまりないような印象です。湿疹が全体に広がるようであれば一度皮膚科に診て頂くのが良いかと思います。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12354;りがとうございます。 直接ビリルピン値など、初耳の言葉で、勉強します。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、クレアチニン値の異常は、そもそも、当初産婦人科から聞いていた
先天性代謝異常というものの範疇に入るのでしょうか。先天性胆道閉鎖症が先天性代謝異常のひとつなのでしょうか。また、検査結果にある、170.00 μmoL/g cr とは、基準値が55.0以下という数字から見ればかなりの高さだと
思いますが、腎臓の機能が正常に働いていないことの証左なのでしょうか。 しかも再検査時の約3倍の数値になっていますが、
小児科の先生のおっしゃるように、そんなに乱高下するものなのでしょうか。 先にも書きましたように、次回の診察予定も一切ないのですが、今のところは黄疸、便などの様子を観ていくだけでよいのでしょうか。
腎臓はとりましたが、肝臓のエコー検査はしてもらったほうがよいのでしょうか。初めての孫で心配のあまり、いろいろと質問、すみません。
質問者: 返答済み 2 年 前.
36861;伸:USBAの擬陽性の確率はかなり高いとのことですが、どのくらいの%確率なのでしょうか。

ご指摘のようにクレアチン補正値でみると170はかなり高い値になっております。
小児における尿中クレアチニンは日内変動や日差変動,食事類の影響による変動などがあり、クレアチンの値は低くなってしまう場合はどうしてもクレアチン比で大きくなってしまいます。
その点、黄疸などの症状と総合的に判断してきます。乱高下という言葉は日内変動や日差の事を言っているのでしょうか。
生後1ヶ月半ですので、値はどんどん大きくなっていきます。
ある文献上では最大で200ほどあっても胆道閉鎖がない例もありますし、個人差は大きくあるかと思います。
個人的な見解としては、今後の注意点を挙げてはみましたが、なかなか医師でないとわからない面もありますので、少なくとも1ヶ月以内には再診に行かれるべきかとは思います。

代謝異常かどうかという点に関しましては、胆道のうっ滞、要するに先ほどの①にあたる病的黄疸を呈するものの中に、先天的な代謝異常の新生児がいる事があります。
シトリン欠損症
チロシン血症
Arginase 欠損症
などがその例です。
いずれにしましても黄疸が出る事がほとんど、つまり血液中のビリルビン値が高いことがほとんどなので、他のスクリーニング検査の結果と合わせても考えにくいという事ではないかと推察されます。

肝臓のエコーに関してはまずする前に血液検査にてビリルビン値を測定することなどの方が先で、これで異常があれば行う事が多いと思います。
色々とご心配かと思いますが、まずは1ヶ月の間に一度再診しただき経過を診ていただく、それまでに何か症状、発熱、黄疸を疑うような所見があればすぐに受診していただくとよいかと思います。

擬陽性率に関しては、カットオフを55としたときに3-5%くらいかと思いますが、実際には測定時の年齢によっても値が変わってきますので、もっと多いかと思います。(こちらに尿中USBAの検査の手順がリンクとしてありますので、参考までにしてください。)

http://www.falco.co.jp/rinsyo/contents/pdf/26047.pdf

質問者: 返答済み 2 年 前.
12372;回答の中の文言で質問をさせてください。
① 「小児における尿中クレアチニンの値は低くなってしまう場合はどうしてもクレアチン比で大きくなってしまいます。」 
  の意味がよくわかりません。 そもそもクレアチニン補正の意味も把握していないのですが。② 「生後1ヶ月半ですので、値はどんどん大きくなっていきます。」
  小児科で診てもらったときの、「値は変わっていく」との言葉では、下がることもあるととらえていたのですが、
  下がることはないのでしょうか。③ 「擬陽性率は、カットオフを55としたときに~」
  カットオフ55というのは、基準値55.00μmoL/g cr のことでしょうか。以上、よろしくお願いします。

一部わかりづらい表現があり大変失礼いたしました。

① USBA補正値=USBA実測値*100/クレアチニンで計算されます。

つまりクレアチニンの値が小さくなれば補正値は高く出てしまいます。出生直後とくらべると落ち着いた頃にはクレアチニンは低くなりUSBA補正値が上昇することは見られる事です。

② こちらもずっと上がり続けるような表現となってしまいましたが、出生直後と比べるとクレアチニン値は小さくなりますので、値は大きく出てしまいますが、徐々に成長とともに筋肉量が増えていきますので(筋肉の代謝によりクレアチニンがでます)クレアチンの値が大きくなっていきます。そうするとこの補正値は下がっていきますので、長い目でみれば基本的には下がる傾向にあります。ただし、実測値は成人でも8μmol/L以下ですので、このあたりは直接ビリルビンなど他所見を考えて判断していきます。

③ 基準値55.00μmoL/g crです。55以上は異常値となります。

よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 2 年 前.
24230;々すみません。
① 産婦人科での検査表にある、  新生児 ↑ 7.31(基準値 5.00以下 単位 μmoL/L)は何を
  表す数字なのでしょうか。② 今回の数値は、血液中のクレアチニン値ではないのですね。 こちらも検査をして数値を確認する必要は
  ないでしょうか。 腎臓の機能が低下している場合、尿に排出されずにそのまま体内にとどまる、ということは
  血液中のクレアチニン値が高くなる、 逆に尿中の数値が高いということは、腎機能の低下によるものではない、
  という解釈でよろしいですか。③ 上の、素人のつたない単純な推測にもとずくと、小児科での腎臓エコー検査で、肥大は見られないから
  大丈夫と言われ、肝腫大については触れられなかったことについては、胆道閉鎖症の疑念は少ないように、
  小児科の先生は考えられたのでしょうか。  先生の見解をお聞かせください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
36861;伸:便の色、母子手帳便色カードの、3番か4番か微妙ですが、たぶん4番だということです。

いえいえ何度でもどうぞご質問ください。

①これはUSBA実測値になります。尿中USBAが基準値より高いのは胆汁うっ滞がある事実はあるという事です。これが生理的なものなのか、病的なものなのかはUSBAだけではわからないためその他の検査が必要ということです。

②血液中のクレアチンの値はご提示いただいたものにはないと思われます。血液中の値は腎機能障害が疑われる場合には測定しますが、通常の検査にほとんど含まれていると思います。USBA補正に使うクレアチンの値は尿中のものとなります。腎機能が低下すれば尿中のクレアチンの値が低下する(血液中は上昇します)ため尿中USBAは上昇します。

③おそらく尿中USBA値が高いのは腎機能低下に伴うものと考え腎エコーを小児科の先生はされたんだと思いますが、肝腫大について触れなかったのはおそらく黄疸が出ていなかったからではないかと推察します。

追記情報ありがとうございます。

しかし、4番ということになると、やはりもう一度診察いただくのは必要な印象はありますね。

失礼しました。3番ということであれば診察が必要です。

失礼しました。3番ということであれば診察が必要です。

質問者: 返答済み 2 年 前.
29983;後2日目の検査表を本人たちももらっておらず、クレアチニン以外は問題なかったものと、勝手に考えていますが、
ふつう、その検査にビリルビンは入っていないのでしょうか。入っていないのであれば、測定はしていません。黄疸についてですが、生まれて1週間弱は新生児黄疸が見られたようですが、おさまり退院しました。

おそらくビリルビンは新生児黄疸があったのことですが、測定しているかとは思います。

その後黄疸が出ていないなど考えますと、いずれにしても経過観察ということになるのではないかと思います。

便の色も4番であればよいのですが、少しでも灰色に近くなってきたと思った場合はすぐに受診してください。

質問者: 返答済み 2 年 前.
29694;時点では様子をみながらということで、緊急に受診するほどでもない、というふうに考えて
よろしいでしょうか。

限られた情報の中ですので、あくまで助言となってしまい恐縮ですが、症状がない以上は緊急性はないように思います。

一つだけ懸念があるとすれば、もし受診された病院で血液検査でビリルビン値の測定などをされていないようであれば、セカンドオピニオンを含め他院へ受診するというのが個人的には最も安全な方法ではないかと考えます。

http://www.falco.co.jp/rinsyo/contents/pdf/26047.pdf

こちらのガイドラインでもご覧いただけるように血液中のビリルビン値は測定するべきであると考えます。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12499;リルビン値の測定の有無、およびその数値、検査実施のファルコバイオシステムズに電話してみましたが、
個人の質問にはこたえられないということで、産婦人科に尋ねてみます。「症状がない以上、緊急性はないように思われます」とのお言葉で、少し気が楽になりました。
ただ、経過観察というのは、黄疸・便色・尿色・目の白い部分が黄色っぽくなる などの症状がみられなければ、
受診は要しないということでしょうか。それとも、症状がみられなくとも、定期的に(間隔は?)受診することが
必要でしょうか。

そうですね。経過観察の注意点はよくご理解頂けているかと存じます。

受診は個人としては必要である気がします。やはり1ヶ月以内にはまた一度診ていただくべきなのではないかと思います。

その後の定期的は間隔は担当医と相談いただくとよいかと思います。

すずき先生をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
12356;ろいろとご教示ありがとうございました。とりあえず今回はこれで終わりにします。
息子夫婦も年明けには別の病院で受診するようです。またご相談させていただくことがあるかもしれませんが、その際は先生を指名させていただくことはできるのでしょうか。
その手順も併せてお教えください。

ありがとうございます。

別の病院を受診するとのことと聞きこちらとしてもお役に立てて幸いです。

http://www.justanswer.jp/medical/expert-nakamuradr/

こちらをクリックし、質問する欄からご質問ください。

私に直接ご質問が参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.
26152;日、一応終了させていただきましたが、お尋ねしたいことがありました。
この場合、新たな課金がかかってくるのでしょうか。

大丈夫です。お尋ねください。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12377;みません。 ビリルビン値の検査ですが、新生児黄疸が出ていたため、産婦人科ではその測定を
したそうです。 数字までは本人たちも聞いていないようですが、基準値より下回っていたようです。① 12/09、先生からいただいたご回答、「尿中USBAが基準値より高いのは、胆汁うっ滞がある・・・・・これが
  生理的なものか、病的なものかは・・・・」 の中の「生理的なもの」というのはわかりやすくいえば、どういったことか
  お教え願えますでしょうか。② また、胆汁うっ滞があれば、黄疸・便色・尿色などの症状が現れるようですが、
  そのような症状が現れなくとも、胆汁うっ滞ということはあるのでしょうか。③ いろいろ調べていますが、USBA実測値と補正値の違い、補正値の意味・必要性がよくわからないのです。
  こちらもお願いしたいのですが。

①生理的なものというのは、正常範囲が他の方とは異なる人で、その人にとっては正常であるということです。基本的には正常範囲内と同じです。

②胆汁うっ滞があれば基本的には黄疸が出ることがほとんどです。やはり黄疸がない胆汁うっ滞は部分的な閉塞ではあり得ますが、なかなか判断はしづらいとは思います。

③尿中に排出されるものは水分摂取や脱水、腎機能の障害などの影響を受け、尿中にでてくる濃度が変化します。腎機能が悪ければUSBAは高くなります。補正をする意味は腎機能が悪いのか、もしくは水分状況がどうなのかなど色々と影響してきます。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12354;りがとうございました。

医療 についての関連する質問