JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 685
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

斜視について質問させてください。職業は学校でカウンセラーをしております。それゆえ普段は人と顔や視線を合わせて仕事をするこ

ユーザー評価:

斜視について質問させてください。職業は学校でカウンセラーをしております。それゆえ普段は人と顔や視線を合わせて仕事をすることが多く、クライエントの状況を細かく見ていく必要があり、一定程度の視力が必要となってきます。また作成書類も多く、PCや書面で細かい文字を凝視することが多いと思います。そこで、良く見えるようにするために、片方の目を外側に外斜視として外す癖があります(その日の調子によって左右どちらかを外側に外しています)。元の正しい視線に戻すことは難しくないのですが、見えにくくなり、自然とやや外斜視になってしまうことがあります。眼鏡なども色々と使っているのですが、合うことはなく、手術をした方がいいのか悩んでおります。またクライエントもどこに視線を合わせてよいのか迷うことも多い様子で、早めに解決したいと思っています。医療機関等もいろいろあり、紹介状も必要なところも多く、どういう手続きを踏んでよいのかご教示頂ければと思います。ご助言、ご教示等お願い致します。

かかりつけの眼科はあるということでよろしいでしょうか?

斜視の程度にもよりますが、年齢を考慮すると、メガネでの強制では治らない可能性が高いので、手術が選択肢に上がります。

斜視の手術自体は一般的な手術ですので、小規模の病院でも大規模の病院でも差はありません。

かかりつけの眼科が手術も行えるような病院であれば、そこで受けるのが良いと思います。

手術を対応してないような施設であれば、かかりつけ医に紹介状を書いてもらい、手術可能な病院を紹介してもらうことになります。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12372;返信有難うございます。手術の件は理解しました。引越しが多く、今回の引越し先ではかかりつけ医はまだいません。もし可能ならお教え頂きたいのですが、手術はどのくらいの休みを取る必要があって、どのような手術後に課題が残るのか、そして気を付けていかなければならないことについて追加でご教示頂ければ幸いです。

斜視の程度にもよりますが、

手術は通常、局所麻酔で1時間以内には終わるので、休み自体は1日です。

数日は目の状態が安定しませんが、仕事自体は、翌日からもできます。

病院にもよりますが、術後、最初は数日間隔で受診し、1週間、1ヶ月と再診がのびていきます。

手術後の課題はほとんど残りませんが、術後は目がしばらく充血するのと、人によって、感染などの合併症が生じることがあるので、経過を見ていく必要があります。

気おつけなければいけないこともほとんどないですが、術後に、目に圧力をかけないことが重要ですので、スポーツなどは控えていただきます。

まずはかかりつけを探すことになると思いますが、日本弱視斜視学会の専門医のリストを添付しますので、http://www.jasa-web.jp/search/

お住いの地域の方を当たって見てください。

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問