JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14423
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

56歳女性 非結核性 抗酸菌症 のため 肺を取る手術をしたあと 傷口が 黄色ブドウ球菌に感染し 傷口が塞がらない

ユーザー評価:

56歳女性
非結核性 抗酸菌症 のため 肺を取る手術をしたあと 傷口が 黄色ブドウ球菌に感染し
傷口が塞がらないままの状態が3か月くらい続いています。
本人は体重が半分の37kgに減少し 精神的にも不安定で
病院からは退院して 自宅での処置を勧められています
家族としては 医療不信の気持ちも強く 退院はしたいが 自宅での対応は不可能と感じています
どこか対応してくださる病院に転院したい気持ちです
【情報リクエスト】こんにちは。猫山と申します。 ①今回のご相談でご質問になりたいことを具体的に教えていただけますと幸いです。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
退院して大丈夫か?
退院すると体の中にガーゼをいれて 取り替える作業を自宅ですることになるらしい
時間をかけてガーゼをとりかえていくしかない と 医師からいわれたが
本当にそれしか 治療がないのか?
実際に患者様を診察できないインターネット相談で 状態を把握いたしかねますが、ご記載を拝読する限り、退院できる状態ではないように思われます。状態を把握できませんので、他の治療選択肢に関しましては何とも申し上げかねます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございました
どういたしまして。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問