ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 7695
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

パーフォレーションで右奥下の二本に、各四箇所位穴が空いており、苦しんでおります。他医でもう20回以上切開した処置をして居

ユーザー評価:

パーフォレーションで右奥下の二本に、各四箇所位穴が空いており、苦しんでおります。他医でもう20回以上切開した処置をして居ます。医療過誤である事は間違っていないが、『やりたくてやったわけでないから』と診てもらっている先生は、その度丁寧に診療して下さいますが、私は以来ずっと、痛さがずっと有り夢でも痛いです。当医は、『私に勇気が有れば..』.と泣くばかりで謝って貰ってません。もう経費は100万円はかかりましたが、治りません。憎しみが離れ
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 私は現在埼玉県に住んでおります。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 以前から色々調べて相談していますが、消費者センターから紹介された専門家の方も、寄り添って頂いていただける先生に巡り合えません。何故私がこんなことになっても、助けて頂けないのでしょうか。そのがわかりません。一生このままなのでしょうか?

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

医療過誤にあってしまったことでのご相談ということでまずはご心痛お察しいたします。今まで相談した先は消費者センターのみですか?

質問者: 返答済み 4 日 前.
37117;道府県の相談や歯科医師会、弁護士会には1番初めにしました。ありとあらゆるところにしてみましたが、これと言う返事をもらえて無いです。

既に早い段階で医師会や弁護士等にも相談済みなのですね。

まず、医療過誤で訴えることができるか否かは、医師に善管注意義務違反があったかどうかがポイントになります。医師の診療行為が適切だったのか、つまり過失がなければ、善管注意義務違反とはなりません。そのため、重過失や故意ではなく、「あるべき医療水準に沿って診療を行っていたのか」が争点となります。重過失や故意ではなく、「あるべき医療水準に達していなければ、院長先生や勤務医に過失があったと認定されますが、今回、医療過誤である事は間違っていないということまでは認められている状態ということですので、その点は貴方にとって有利であるといえます。そして、それを患者側が証明することができれば訴えを起こすことができるはずです。最高裁の判例では、医師の善管注意義務の基準となる医療水準とは、

① 医師の専門分野
② 医療機関の性格
③ 所在地域の医療環境の特性

等の諸般の事情を考慮して決まるとされています。医師に過失があったことを証明する責任は患者側にありますので、単に弁護士に直接口だけで相談をしに行くのではなく、ご自分でカルテの取得等、証拠集めをできる範囲でした後、弁護士に相談して責任追及をするという流れがスムーズです。カルテの開示等ご自分でできることはしておくことで弁護士に丸投げするより費用も抑えることができますので、まず、ご自分でできる範囲で証拠集めをしてみることから始めることをお勧めします。尚、カルテの開示について、本人から請求された場合は、開示しなければならないのです。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12362;返事ありがとうございます。痛くて痛くて何軒も回り、その間に、『日本一偉い歯科医である方』と言う先生に繋がり、『私が怒っておく』と言われ、注意は貰っています。でも私は今、医療過誤で裁判所で争うことより、自分自身が苦しいので、助けてもらいたいのです。それを、最優先にしてもらいたいのです。貴方弁護士さんから見て、裁判に向けてが1番なのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 日 前.
22238;答が満足していないわけでは有りません。追加に弁護士さんの気持ちが知りたいのですが、いけない質問ですか?
質問者: 返答済み 4 日 前.
12372;めんなさい。使い方がわからず、標価はしていないつもりでしたが、いつのまにか標価になっていることに驚きました。評価は星5です。

初めにお伝えした通り回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

評価については回答時間等ではなく、内容でご判断していただくことになります。ご了承ください。

やはり医療過誤については裁判の場で争っていくのが最善かと存じます。今回のように医療過誤自体は認められているという案件でしたら原告の主張が認められる可能性も高くなるからです。

評価違いということでのご連絡ありがとうございます。完了評価の変更はできますので、お手数ですが、評価は星5ということでしたらら、変更をしておいていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 4 日 前.
26377;難うございます。私みたいな方を増やさない為に、もっと早くの専門家の方にこの様な話が聞きたかったです。どこへ行っても、『医者は悪い人はいない』とか『歯科と美容は弁護はできない』と言われ続けてきました。まるで、私が悪いようにも言われ、相談するほど、嫌になって、自暴自棄になったりしていました。
ただ、消費者センターの紹介の弁護士さんは、『もし認めたとしても、時間と費用とが到底合わないですよ』とも言われました。貴方先生もそう思われますか?
1番初めの書損じですが、私のこの辛さ、この無念で、一生私に穴を開けた歯科医師を恨む気持ちが残り、釈然とした気持ちを収めるのはどうしたら良いのか知りたいのです。どこへ相談すれば良いのかこの世には無いのでしょうか?法律でそれを解決していただけないのでしょうか?

歯科も美容外科等も近年は通常の医療過誤と同様に訴えが認められる傾向にあります。

早い段階で弁護士相談をしているようですが、その時点では、カルテや、時系列をまとめた書面等の提示がなかったため、弁護士相談がスムーズにいかなかったということがあるかもしれません。できれば、次はカルテや、時系列をまとめた書面等を証拠として、医療過誤に携わったことのある、直接面談ができる弁護士に相談をしてみてください。

尚、こちらのサイトは一問一答制になっておりますので、まず今回の初めのご質問に対して画面の星マークで完了評価の変更をお願い致します。

引き続きのご質問については延長にご同意いただくか新規投稿でお願いします。ご指名いただければ引き続き私が対応することもできます。指名方法が分からない場合は、文頭に「Lowe指名」とご入力くだされば引き続き私が対応いたします。(指名は追加料金はかかりません。)

Loweをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;と一つだけお願いします。私は相続で、『女性の盾になります』と言う弁護士にお世話になったことがありますが、高額な手付け金を払い何もしてくれなかったです。
そこで、当てにならないものだと知りましたが、今回の相談に乗って貰えるlowe貴方先生は、弁護人としてなってもらえますか?それとも紹介して頂けますか?相談だけでしょうか?
自分で見つけるの無理だと経験しておりますもので...

申し訳ありませんが、こちらのサイトは、法的なアドバイスをさせていただくことができるサイトですが、直接のご依頼やご紹介は行っておりません。直接の弁護士依頼をお考えということであれば、貴方のお住いの地域で直接打ち合わせができる弁護士に依頼するのが最適です。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問