ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 3464
経験:  2005年弁護士登録。民事事件、刑事事件、家事事件、行政事件などを手広く扱ってきた。消費者被害の分野においては、特に注力してきている。
84237273
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

美容整形で被害を受けましたが 医師は私の訴えを認めず話は平行線です。 医師の態度に納得がいきません。

ユーザー評価:

美容整形で被害を受けましたが
医師は私の訴えを認めず話は平行線です。
医師の態度に納得がいきません。
被害を訴えたいのですが、どこへ話をするのがよいでしょうか?

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

医師の言い分と話が食い違っているのなら、裁判所での解決、に持ち込んだ方がいいように思います。

医師会が関わって解決するときもありますが、相手が医師会に所属していない場合もありますし、

医療過誤の問題に詳しい弁護士に相談してみるべき状況だと思います。

弁護士の任意団体で、医療問題研究会とか、そういった団体が各地にあるのですが、

そちらに相談されるのがいいでしょう。

https://www.iryo-bengo.com/contact/

そのためにもまずは、カルテ等の入手からですが、その状況だと医師がなかなか開示しないかもしれませんね。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
私の住む地域にも研究会あり弁護士さんを紹介してもらいましたが詳しくないはしく調査の段階で断る可能性が高いと話されていました。そもそも裁判すること自体が難しいんだなと分かり弁護士さんを探すのは諦めています。
質問者: 返答済み 16 日 前.
32654;容整形の世界は誰も管理する方はいないのでしょうか?医師に訴えても気のせいだと取り合って貰えずです。

医師の世界もそうですが、それぞれの医師の判断に委ねられていて、管理者、がいるわけではありません。

そのため、医療過誤などは、弁護士が訴訟等をしていくしかないのですが、法律的なところだけで解決できるものではなく、

医学的な専門知識もからんでくるため、実際にはなかなか難しいところもあります。

裁判すること自体が難しいのはその通りだと思いますね。弁護士も専門性がないとなかなか裁判に太刀打ちできませんから。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございます。
例えば私が受けた施術は厚労省管轄ですがその場合いかがでしょうか?

厚労省も、実際の診察のやり方などの中身まではチェックしないでしょうね。

虚偽のことをホームページにあげているとか、そういったことなら別ですが、

個別の案件についての対応までは立ち入らないでしょうから。

質問者: 返答済み 15 日 前.
35009;判をするお金はないのですが多くの方が被害を受けている施術なので問題として報告したいです。何かありませんでしょうか?

指導監督があるとしたら厚生労働省ですから、

相談窓口である医療安全支援センターや、厚生労働省に、話をまとめてもっていっておくことでしょうか。

ご相談者様の1件だけで動く、ということはないかもしれませんが、同じような案件、同じ医療機関に対する相談案件はほかにも出ているかもしれません。

そうすると、ほかにも相談が寄せられている、そのうちの1件がご相談者様の案件となるのなら、

今後、何らかの指導にいかしてもらえるかもしれません。

質問者: 返答済み 15 日 前.
khyh1709さまは厚労省へ問い合わせた事はございますか?対応窓口はありますか?

問い合わせをしたことまではありません。

医療安全支援センター、医療相談支援センターは全国にありますが、こちらが各地での対応窓口になります。

khyh1709をはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございました

医療ミス・医療事故 についての関連する質問