JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 1452
経験:  dasdasd
84237273
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

お世話になります。 専門の知識がないため、医療ミスと言えるのかと、慰謝料などを請求できるのかを相談したいです。

質問者の質問

お世話になります。
専門の知識がないため、医療ミスと言えるのかと、慰謝料などを請求できるのかを相談したいです。■妊娠6週
検査薬陽性■妊娠8週
婦人科(札幌ウィメンズマタニティホスピタル)受診、妊娠確定
以後、札幌医大病院へ搬送されるまでは、札幌ウィメンズマタニティホスピタルを受診しています。■妊娠4か月
最終生理日と胎児の大きさがあわないが、最終生理日より母子手帳交付を受ける
※この際、生理日が不定期だったこと、第1子(4歳)出産以後、婦人科検診を受けていないことを伝える■妊娠5か月~7か月
検診で異常なし
BMI値が、標準内だけど、ギリギリの標準内(太り気味)のため、体重管理にはかなり気をつけるが、
1か月で500g程度増加で、すごく怒られる。(妊娠中の体重増加は5kg以内が目標と言われる)
食事制限は徹底していた(妊婦用の宅配弁当のみの食事)のに、体重は、1か月に500gくらい増え、その度に注意される。
塩分も1日3g以内に抑えているのに、体重が増えるのは、私もおかしいと思う。どこか病気なんだと思いますと伝えましたが、
言い訳と言われて、検査などはありませんでした。
お腹の出方も、すごくて双子みたいと良く言われるんです。と言っても、食べてるからと話は食事制限の方向へ■妊娠31週(妊娠7か月)
検診時に左腹痛を訴えますが、「赤ちゃん元気だから~」と言われ、検査も薬もなし
同日、近所の内科を受診し、急性腸炎と診断。妊婦のため、薬なし、絶食で様子を見ようと言われる
→4日間の絶食で痛みが多少緩和
その後、便秘になる■妊娠33週(妊娠8か月)
左腹痛が我慢できなくなり、その他に背中も痛くなる
日曜日でしたが、産婦人科を受診
激痛を訴えるも、30分ほど待たされ、診察→「赤ちゃん元気だから~問題ない」と言われるが、
私が「死ぬほど痛いんです。」と訴えると、
医師「そんなに痛いんだったら入院になるよ」と嫌味を言われるが、
再度、エコーをすると、医師「腹水が溜まっていて、この病院では対処できないので、緊急搬送になります」と、急に慌しくなる。
妊婦で腹水が溜まるというのは、めずらしいらしく搬送先が見つかるまで、90分ほど待たさました。その後、搬送先が札幌医大に決まり、救急車で搬送。
医大での検査(エコーとMRI)の結果、卵巣腫瘍(卵巣のう腫)が30cm×10cmくらいになっている。
腹水はなく、大きくなった卵巣を腹水と言っていたのではないかという説明がありました。妊娠していなければ、すぐに手術するけれども、
妊娠33週で大きくなった子宮を触らないで手術することは不可能で、
子宮にさわって陣痛が起こり早産になる可能性があるので、痛みに耐えれるところまで耐えて、
帝王切開と卵巣のう腫摘出の手術をすることが理想と伝えられ、搬送の日は痛み止めで耐えることとなりました。
本来、卵巣腫瘍は妊娠20週頃(子宮が大きすぎず、安定期)に手術します。とも説明がありました。翌日、痛みに耐えられず、緊急手術
手術前に、
・腸など他臓器への癒着の可能性(腸の一部切除)など母体の説明
・NICUの先生から早産になった場合の赤ちゃんの今後の説明
などがありました。手術は無事に成功し、陣痛もおきませんでした。手術後の説明では、
・卵巣のう腫が思っている以上に大きく3000gくらいあった
・卵巣腫瘍経捻転を起こしていて、卵巣にうっ血、壊死部分があり40週までまっていたら破裂の可能性が高かったので、結果的に手術してよかった
・相当痛かったでしょ~卵巣腫瘍経捻転は痛み止めが利かないんだよ~母は強いね~と労われ、泣きました(笑)お腹には15cmの傷がつきましたが、赤ちゃんが元気なら、それでいい!と割り切っている自分と、
検診時から、ずっと気づかなかった産婦人科に怒りもあります。医大での入院は、12/10~12/18までです。
出産予定は1/24です。医療ミスによる慰謝料の他に、
会社を経営しており、痛みを訴えてから、仕事ができておらず、
前年度(11/30~12/15)と今年度(11/30~12/15)を比べて売上1200万(利益700万)減少しております。
この期間に対する営業保障を求めることは可能でしょうか?
※もともと、12/16~産休を取ろうと思っていましたので、12/15までで区切っています。慰謝料・営業保障の請求は可能でしょうか?
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  khyh1709 返答済み 9 ヶ月 前.

どなたからも回答がないままのようですので,当職の分かる範囲で,回答させていただこうと思います。

弁護士のbhsy202といいます。よろしくお願いいたします。

詳細の回答のためには,今しばらく時間をいただければ調べてみようと思いますが,

気が付かなかったことのミスによる損害賠償請求ができるかどうか,ということでいきますと,

本件では,結果的には間に合ったというか,手遅れにはならずにすんだ,というところがあるので,

発見の遅れによる損害をどうみるか,というのが難しいところがあります。

卵巣腫瘍茎捻転の発見の遅れが争われた裁判例もありますが,50万円程度の賠償しか認められていませんでした。

(ほかに探してみたいとは思います)

その関係で,営業補償,という損害賠償も,どうしていれば営業利益が確保できたのか,そのこととの兼ね合いで,

賠償請求が認められるかどうかというのは,結論的には厳しいのではないか,という印象です。

厳密な医学的判断は,医師の先生にお伺いするしかないですが,

ただ,対応の遅れによる慰謝料,というのはあり得ると思います。

すみませんが,よろしければもう少し調べさせていただいて,その上で,再度,回答を記載させていただいてもいいでしょうか。

専門家:  khyh1709 返答済み 9 ヶ月 前.

裁判例を調べてみましたが,先に記載しました50万円が認められた岐阜地裁の裁判例が参考になります。

卵巣腫瘍茎捻転の発見が遅れてしまったことについて,この確定診断は,痛みの症状や鎮痛剤の効き具合のほか,専門医が腹部エコーとできればCTなどの画像で診断していくもののようですが,

31週目あたりの症状がどうであったか,この段階では少なくとも腹部エコーをとって確認するなどすべきではなかったか,

ここは問題になりうるとは思います。

あわせて,医師が十分に説明を尽くしているか,という問題もあります。

31週あたりから,痛みが激しくなってきているようですから,

痛みに耐え続けたこと,説明が不十分で不安な状態を続けたこと,この点についての慰謝料請求は認められる可能性はあります。

ただ,金額的には,先ほども記載しましたが,あまり高額には認められないと思います。

それでも,産婦人科医の態度というか,説明によって不安な状況にさせられているので,この責任は問える,ということでしょう。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問