ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 17404
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

業務委託で働いていました。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

業務委託で働いていました。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 業務委託で働いておりました。第三者が目にするところで退職や業務内容の書き込みをしては行けないと言われていました。私はそれをSNSとかに関してだと思っていました。しかし、会社で使っていたslackというチャットツールで退職の挨拶をしたら総務と社長を契約違反だと怒らせてしまい、給料を払わないと言われました。また、損害賠償だかなんだかを請求すると言われました。まだその請求は来ていません。何か私にできることはないのでしょうか

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

労働者が仕事でミスをしたことによって、会社に損害を与えた場合、それが労働契約に違反するものであった場合、「債務の不履行」にあたり、民法第415条により損害賠償請求が認められます。

ただ、「使用者責任」や「報償責任の法理」から従業員への損害賠償責任は一定の制限があります。

報償責任の法理とは、「利益の存するところに損失も帰するべき」という法理であり、会社は利益を出すために活動しているのだから、損失も会社が負うべきということです。

この法理に従うと、会社が利益を得ておきながら損失が出たら従業員に負わせるということは許されないということになります。

ただ、従業員の重過失によって損失が生じたような場合には、会社に生じた損害を従業員に求償(請求)するということは可能ですが、請求できるのは極めて限られたケースに留まります。

これは業務委託でも同様であり、ご相談者様の行為で経済的な実損害が発生したとは思えず、賠償責任には及ばないと思量します。

ですが、弁護士へ依頼すると着手金だけで10~30万円程度の費用が予想されます。

中小企業庁は下請け業者専門の相談窓口を開設しています。

まずはこちらへご相談なさってはいかがでしょうか。

下記URLご参照ください。

下請け駆け込み寺↓

https://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/

また、業務委託が形ばかりで実際は雇用形態に近ければ、労働基準監督署への相談も可能です。

その場合は労働基準監督署内の『総合労働相談コーナー』へご相談なさることをお勧め致します。

労働基準監督署は、会社に対して適切な助言や指導を行うことを業務としております。

ご一考ください。

労働基準監督署にパワハラについて相談して解決できる事とは↓

https://roudou-pro.com/columns/141/

質問者: 返答済み 5 日 前.
34892;政書士のito-gyosei様
ご回答ありがとうございます。
教えていただきました下請け駆け込み寺に相談いたしました。
まずはどの契約に違反をしているのかハッキリさせてから弁護士先生に相談したところがいいとアドバイスを頂きました。
自分自身こんなことになっており、ずっと頭がパニックになっておりましたので、非常に有益なアドバイスをいただくことが出来ました。
労基には最初に電話をしたのですが、業務委託と話したところ、正社員みたいな労働者じゃないから難しいと言われてしまいました。
ご返信、ありがとうございます。

業務委託には『給料』という概念はなく、委託料の未払いは会社側の契約不履行です。

また「損害賠償」とは何でも通用する魔法の言葉ではなく、請求する側が損害額の証明をしなければなりません。

ご自身での交渉が難しく解決を弁護士へ依頼したいのであれば、「業務委託契約・弁護士」などのワードで検索すれば、お住いの地域でこのような案件を得意となさっている弁護士の事務所や先生のホームページが表示されるかと。

その中から信頼できそう、実績がありそうなところ“複数へ”、まずはメールや電話で、料金面も含めて問い合わせなさることをお勧めします。

(大変申し訳ありません、当サイトは質問サイトであり、直接の案件受任及び専門家の紹介を行っておりません。悪しからずご了承ください。)

質問者: 返答済み 4 日 前.
34892;政書士のito-gyosei様
ご回答ありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。
とても頼りになりました。
教えていただいた下請け駆け込み寺に電話したところ、相手が契約の何に違反していると言っているのかハッキリさせたほうがいいと言われました。(連絡取りたくないです)
また、給料からその違反料みたいなのを引いて振り込むのかもしれないですねと言われました。
専門家からちゃんとしたアドバイスをいただけて心がすこし落ち着きました。また、弁護士の依頼の件のアドバイスもありがとうございます。助かりました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。
今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部の星マークを『一発クリック』でご評価を頂けると幸いです(右へ行くほど高評価です)。
“その上で”、また何かありましたらお声掛けください。
ご質問の新規投稿の際に回答者としてご指名を頂くか、質問タイトルに『ito-gyosei宛』とご記載頂けば、引き続き小職がご対応させて頂きます。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問