ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 217
経験:  KIT知的創造システム専攻
119635543
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

成人の娘が就活塾に申し込みを行い、50万円強の契約にサインをしてしまいました。2日後に親と相談してやはり必要はないと考え

ユーザー評価:

成人の娘が就活塾に申し込みを行い、50万円強の契約にサインをしてしまいました。2日後に親と相談してやはり必要はないと考え直して、キャンセルを申し入れたところ、契約書にクーリングオフの対象ではないと書かれている(実際に書かれていた)ので、支払いが必要と回答がありました。その後、支払いを求める要請が続いたことから、消費者センターに相談をし、また法テラスも紹介をしてもらって、支払う必要はないと回答をもらって、国民生活センターから代理で支払わない旨通知していたところ、50万円強+損害遅延金+弁護士費用について請求する訴訟を起こされ、2月中旬に第1回口頭弁論日が設定されてしまいました。私たちは今後どのように対応すべきなのでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 答弁書の提出期日が2月10日に設定されていて、期間がないことから、何を準備するべきなのかも教えていただけないでしょうか?
質問者: 返答済み 5 日 前.
23601;活塾への申し込みは無料カウンセリングの中で有償サービスを勧められた結果行ってしまったようです。最初から有償サービスに申し込んだわけではありません。
質問者: 返答済み 5 日 前.
26412;サービスがクーリングオフの対象にはならないということは契約の段階で説明があったようですが、消費者センターの見解ではクーリングオフが可能ではないかということだったので、契約の解除を申し入れました。

はじめまして、弁護士こだまと申します。

ご状況の確認なのですが、「国民生活センターから支払わない旨代理で通知」という点についてですが、
その書面等はお手元にお持ちですか。

質問者: 返答済み 5 日 前.
26360;面などは手元にないと思います。娘に確認します。なお、先方からはとにかく直接我々とコンタクトをとって会話したいという主張であったと聞いています。

なるほど、本件は、(その書面が真実、送付されていたという場合には)その書面の中に何が記載されているかが非常に重要になります。そのため、それが確認できないとなると、その点について仮定でご回答させていただくしかなくなってしまいますが、それでもよろしいでしょうか。
ただ、私が知る限り、国民生活センターが、相談者の代理として解約書面を送付するという例をあまり聞いたことがなく、そもそも、本当にそのような書面が送付されているかが疑問なところではあります。

質問者: 返答済み 5 日 前.
20102;解しました。解約におけるやりとりでどういう記録が残っているかを確認することにします。
電話などではなく、書面の記録が大事だということですね。国民生活センターからの対応内容も再度確認するようにします。

ありがとうございます。
ひとまず、「その書面に●●という内容が書かれていれば」との前提で、ご回答差し上げる形でよろしいですか。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12399;い。よろしくお願いします。その観点で手元や国民生活センター、消費者センターなど代理で応対してくれた機関への情報確認をしてみます。

かしこまりました。
結論としては、今回の「塾」のサービス内容として、継続的に2か月以上の期間サービスを継続するものであり、そのための費用として5万円以上の対価を支払うものとされている場合、
契約締結日から8日以内に、クーリングオフ制度を利用して契約を解除する、との意思表示を相手方に行いさえすれば、
クーリングオフに基づく解除がされているとの反論をすることで、今回の訴訟への対応をすることができると考えられます。

当該意思表示は、書面によらなくとも、口頭でも大丈夫なのですが、それだと、裁判所に対して、当該意思表示を行ったとの証拠に基づく主張ができなくなってしまうので、通常、内容証明郵便等、外部から発送した内容がわかる方法をもって、書面によって行うことが適切とされています。
そのため、今回、消費者センターが送ったという書面が、上記要件を満たしたものとして発送されているかが重要になるのです。

こだま弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
12354;りがとうございました。大変参考になりました。やりとりについて確認します。まずは以上でクローズにします。

ご評価いただきありがとうございます。

何かのお役に立てたようでしたら幸いです。

別途ご質問が出てきた場合で,その際も私の回答がご希望の場合には,所定の指名の方法でご指名いただけましたら,ご対応させていただきます。

この度はご利用いただきありがとうございました。またの機会がございましたら,その際もよろしくお願いいたします。

(システム上,私の回答文で終える必要がございますので,ご返信は不要です。)

法律 についての関連する質問