ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 86
経験:  KIT知的創造システム専攻
119635543
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

損害賠償請求 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様: 大阪府

ユーザー評価:

損害賠償請求
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪府
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 書留で損害賠償請求を求める郵便物が届きました。
はじめまして,弁護士こだまと申します。
書留ということですが,差出人は弁護士ですか,それとも,当事者(個人か,会社かはおいておいて)になりますか。
質問者: 返答済み 7 日 前.
21644;歌山法律事務所です。
質問者: 返答済み 7 日 前.
28155;付ファイル (Q53SM2Q)

書類を添付いただき,ありがとうございます。
これに対して,ご相談者様がお問い合わせされたい内容はどのようなものになりますでしょうか。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12371;の事実と異なり、認められないです。今後どうすればいいのか教えて下さい。

なるほど,かしこまりました。
今回の請求は,あくまで,弁護士を代理人として訴訟外で通知してきたものですので,これに任意に従わないとしても,直ちに,強制的に財産を差し押さえられたり等されて回収を図られることはありません。
相手方が一歩進んで,そのような強硬的な回収を行うためには,訴訟を提起し,記載の事実が存在していることを,基本的には,相手方が,証拠をもちいて裁判所を納得させ,その命令(判決)を出してもらう必要があります。
逆にいえば,そのような経緯を経て判決が出るまでは,支払の命令は下されません。
また,訴訟のなかでは,ご相談者様も反論の機会が与えられます。
ご相談者様が記載の金員を支払いたくないということであれば,どんと構えて,訴訟を起こされたらしっかりと反論する,くらいの対応でよいのではないかと考えます。

なお,あくまで,この書面を外部の弁護士として拝見した印象ですが,相手方は暴行を加えられたといっているのに,けがをしたことに基づく通院費療養費は請求しておらず,少なくとも,けがを負った事実を立証することはできないのではないかと推察されます。
同状況で,果たして暴行を受けた事実自体立証できるのか不明であり,仮に訴訟を起こしたとしても,相手方の請求は認められにくいのではないかと考えます。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
しかし、相手の方はこういった事は慣れているらしく、刑事告訴されました。警察で私の調書を作成し検察庁で不起訴になりました。ですので、通院などの調書を請求する事は可能かと思います。
この場合、訴訟された時を考えると払った方がいいのかとも思います。
しかし、私も怪我を負った事実もありますし、診断書もあります。
仮に訴訟された場合、高額な請求になる事はあるのかと、仕事などで出廷できない場合どうすれば良いか教えて下さい。

状況がよくわからないのですが、相手方がけがをした事実は間違いないのでしょうか。
通院などの調書、とは、警察の取り調べ調書のなかで、ご相談者様が、ケガを負わせた事実を認めているということになりますか。

高額な賠償命令が下るかは、ご相談者様が相手方に負わせた被害の内容次第になりますが、訴訟を起こされた場合に、期日に出廷しないでいると、相手方の請求がたとえ事実に反していたとしても、それが事実であるとの前提で判決が下されてしまいますので、訴訟を起こされた場合には、必ず対応するようにしてください。
裁判を理由に仕事を休むことは、労働者の権利として認められています。また、一度指定された期日にどうしても出廷できない事情ができてしまった場合には、そう何度もできることではありませんが、期日変更等の対応も可能です。
訴訟を起こされてしまった場合には、代理人に依頼をするか、ご自身で対応される場合には、とにかく裁判所に連絡をとって、真摯に対応するべきと考えます。

こだま弁護士をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ご評価いただきありがとうございます。
何かのお役に立てたようでしたら幸いです。
この度はご利用いただきありがとうございました。
またの機会がございましたら、その際もよろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問