ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 83
経験:  KIT知的創造システム専攻
119635543
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

太陽光発電装置の修理代の件でトラブルになっています。 アシスタント:

ユーザー評価:

太陽光発電装置の修理代の件でトラブルになっています。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 兵庫県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: とくにはありません。
はじめまして,弁護士こだまと申します。
太陽光発電装置の修理代の件ということですが,
ご相談者様は,事業者側,利用者側,どちらになりますでしょうか。そのあたりも含め,詳細をご教示ください。
質問者: 返答済み 6 日 前.
21033;用者側です

ご返信ありがとうございます。
どのようなトラブルになっておりますか。

質問者: 返答済み 6 日 前.
22826;陽光装置が故障して工務店に連絡後、メーカーが来られ代替え品を取り付けられ、故障品を持ち帰り故障原因を調べると言ってました。
その際に、機械的に故障したのであれば修理費無料ですが、落雷などですと、修理代をいただきますとのこと。予算もあるので、修理代はいくらくらいですかと、尋ねても今は分からないと見積もりももらえませんでした。
それから3ヶ月ほど経ってから、落雷が原因だったので、修理費23万支払ってくださいと高額請求をうけていて、あまりにもたかいので、元に戻して下さいとお願いしたのですが、代替え品を取り付けている(購入扱い)ので、出来ませんとのこと。23万円もするのなら最初から代替え品を取り付けてもらうことはなかったです。
支払い義務は発生しますか?

ご返信ありがとうございます。
代替品の取り付けの際に,それ自体に費用が掛かる可能性の説明を受け,それについて,具体的な金額まで説明を受けて,合意をしたという事実はないということでよろしいでしょうか。

質問者: 返答済み 6 日 前.
20195;替え品に費用が発生するかもとはきいていましたが、金額の合意は、全くありませんでした。
見積書も有りません。
質問者: 返答済み 6 日 前.
23万円する機械なら頼んでいないです。

ありがとうございます。
以上踏まえますと,ご相談者様は,法的には,相手方が現在要求している金額そのものの支払い義務を負わない可能性はございます。
ただ,その付け替えに対して裁判所が相当と認める範囲での金額の支払い義務は負ってしまうものと考えられます。
(理由を追記します)

質問者: 返答済み 6 日 前.
12393;の程度の金額が予想されますか?

今回のような修理行為についても,基本的には,契約に基づいて行われるものであり,契約があれば,ご相談者様が支払うべき金額は,契約のなかでお約束をした金額ということになります。
これに対して,今回は,修理(付け替え)をすること自体の合意はできていると考えられるものの,「修理に対していくら払うのか」についての合意ができていません。
言われた通りの金額を支払う,という合意があれば格別,そのような合意もないため,相手方は,少なくとも,約束に基づく金額の請求というものは行うことができない状況です。

そのような場合に備えて,商法という法律のなかで,今回のような業者が,その業務に該当する行為を行った場合には,当該行為に対する「相当な対価」を請求することができるという規定が設けられています。
そのため,相手方がご相談者様に対して費用を請求するためには,当該商法の規定を用いて,今回の付け替え行為についての「相当な対価」がいくらかということを立証して,その金額を請求することは可能ということになります。

「相当な対価」がいくらかは,最終的には裁判所の判断を経なければ確定できないものとなっていますが,機械そのものの代金とそれに対する工賃といったあたりは,最低限認められるものと考えられます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
30456;手方へ全額支払う義務はないので、訴訟を起こしてくださいと伝えたほうが良いのでしょうか?

それも一案ですが,訴訟を起こされると起こされるで,裁判対応等しないといけなくなり,ご面倒化と思います。
一歩前の対応として,付け替えはやむなしとしても,金額については協議をさせてほしいとして,ご相談者様が支払えそうな金額まで減額できないか,お話合いをしてみるというのも一案かと思います。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。一度減額交渉してみます。法的に全額支払う義務はないので、減額してくださいで大丈夫ですか?

「法的に言い値どおりを支払う義務はない」が正しいですね。
また,金額について合意のない状況で,こちらが頑として払わないという態度をとれば,相手方としては訴訟に進めて,「相当な対価」がいくらか明らかにしてもらう必要が出てくることも事実ですので,交渉では,そのあたりを用いながら,妥協を求めていくことになると思います。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12431;かりました。

ありがとうございます。
お問い合わせ内容が以上のようでしたら,よろしければ,本ご対応についてご評価をいただき,このスレッドを閉じていただければと思います。

質問者: 返答済み 6 日 前.
21322;額ぐらいの要求をしたらクレーマーに思われますか? むしろ妥当でしょうか? 最後にお願いします。

元の金額が不当に高いかもしれませんし,単純に,相手方の請求金額の半額だから,という理由で評価可能な内容ではないように思います。
付け替えた機械の金額がわかれば,工賃としてそんなに差額が発生するかな?というくらいでご判断ができるのではないかと思います。

こだま弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。

ご評価いただきありがとうございます。
何かのお役に立てたようでしたら幸いです。
この度はご利用いただきありがとうございました。
またの機会がございましたら,その際もよろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問