ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 114
経験:  KIT知的創造システム専攻
119635543
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

人のものを持ち出し、処分した人に対して器物破損罪で訴えることは出来ますか。 アシスタント:

ユーザー評価:

人のものを持ち出し、処分した人に対して器物破損罪で訴えることは出来ますか。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 愛知県名古屋市です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 処分されたものは、羽毛布団です。祖父の形見です。母が嫁入り道具で贈られ、それを私が母から譲り受け10年使用していたものです。母からは10万円するものを祖父に買ってもらったと聞いてます。
はじめまして、弁護士こだまと申します。
お問い合わせの状況ですと、器物損壊ではなく、窃盗のほうが該当しそうな気もするのですが、なにか、器物損壊で対応しなければならないご事情があるのでしょうか。
質問者: 返答済み 13 日 前.
12393;ちらでもいいです。
結婚を考え同棲していたのですが、先月の半ばに婚約を破棄し、私の不在時に荷物を持って行った際に汚れて破れたから処分した様です。

ご返信ありがとうございます。
同棲中のお部屋から荷物を持っていかれた、ということですが、当該荷物の持ち出しについては許可をされたのでしょうか。

質問者: 返答済み 13 日 前.
31169;の不在時に荷物を取りに来ることは許可していました。しかし、羽毛布団については、同棲中貸していたものだったので、置いていってくれるものだと思い、彼には何も伝えてはいませんでしたが持ち出し自体は許可していません。

なるほど、そうなると、窃盗を成立させることは難しいかもしれません。
相手方は、当該布団がご相談者様の所有物であること自体は認識していたのですか。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12399;い。私のものだと言うこと認知の上使用していました。
また、母が嫁入り道具で祖父から貰ったこと、それを私が譲り受けたことを1年前程に話していたのですが、本人は聞いてないと言っております。

ありがとうございます。
以上踏まえますと、相手方の行為については、今回の布団の持ち出しを相手方が正当に行うことができる状況がないのに、自分の部屋等、支配領域に移したという場合には窃盗罪の、
そのような状況がなく、ご相談者様のものだと認識していたにも関わらずそれを勝手に破棄して使用できなくしたのであれば器物損壊罪の、
それぞれの要件に該当すると考えられ、いずれにせよ、刑法上の犯罪にも該当しうる不法行為を行ったものと評価できそうです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12381;うしますと、相手に訴えますと通達した方が良いのでしょうか。なにしろ初めての事なので何も分からず。すみません。

そうですね、ご相談者様が何をしたいか次第になりますが、
もし、弁償をさせたいということであれば、警察に通報してもそれは達成できません。
あくまで、民事上の請求として、最終的には裁判等にかけて賠償命令を出してもらわない限り、その目的は達成できないということになります。
これに対して、相手方に対して犯罪として処罰を与えたいということでしたら、これは、警察等の捜査機関に被害事実を申告して、対応をしてもらう必要があります。
特に、器物損壊については、被害者からの申告がない限り犯罪として対応することができない種類の罪(親告罪といいます)になるので、この場合に、被害者であるご相談者様からの通報等は必須ということになります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12394;るほど。自分で出向かなければならないという事ですね。もうひとつ聞きたいのですが、訴訟ふる際に費用が掛かるかと思いますが、相手に請求することは出来ますでしょうか。

ご相談者様が自ら提起できる裁判は民事裁判のみとなりますが、その場合に裁判所に支払う費用については、その裁判で勝訴しさえすれば、相手方に請求することが可能です。
これに対して、弁護士に依頼をする場合の弁護士費用については、実際に弁護士に支払った金額を請求できるわけではなく、当該裁判で支払えと命じられる金額の10%相当額とされています。
例えば、今回の裁判で、10万円の支払いが命じられた場合、その裁判対応のための弁護士費用分の損害として相手方に支払いが命じられるのは、実際に弁護士に支払った費用がいくらであっても、1万円ということになってしまいます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。一旦終了し評価させてもらいます。また分からないことがあれば聞いてもよろしいでしょうか。

こちらこそ、ありがとうございます。
もし、引き続きのお問合せがあり、私のご対応をご希望されるようでしたら、質問冒頭に「こだま弁護士あて」等と記載をいただき、別スレッドでご質問いただけましたら、その際も私がご対応させていただきます。

こだま弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12431;かりました。ありがとうございました。

ご評価いただき、ありがとうございます。
またの機会がございましたら、その際もよろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問