ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 83
経験:  KIT知的創造システム専攻
119635543
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

リノベ中古マンション(ライオンズプラザ大宮)購入しました。売主兼リフォーム業者はレジデンシャル不動産(株)、仲介は三井の

ユーザー評価:

リノベ中古マンション(ライオンズプラザ大宮)購入しました。売主兼リフォーム業者はレジデンシャル不動産(株)、仲介は三井のリハウス・川口センターです。10/1に内覧した際、物件のパンフレットは綺麗なお部屋でしたが当初の内覧時は床も貼っていない状態でした。三井のリハウス担当者よりパンフレットだけではイメージがわかないのでレジデンシャル不動産がリフォームした別物件(ルネ川口アグリア)があるとのことでそこに案内されました。きれいなお部屋でライオンズプラザ大宮も同様になる予定と言われたこと、人気物件だから早く契約しないと他者に買われてしまうと執拗に急かされ、10/22に手付金170万円を支払い、売買契約を締結しました。引渡し11/25予定でしたがリフォーム完成後一度状況を見てほしいとのことで11/13に再度内覧しました。ところが各部屋毎の段差が5cmほどある等ルネ川口アグリアはおろかは販売パンフレットの完成予想図ともほど遠いためこちらの意向に沿わないため当方より解約通知を出しました。「買主からの解約の際は手付金を放棄する」ことは契約上明らかなのですがパンフレット、別物件案内後に早急に契約を急かした結果無理矢理契約させられたとの認識であり手付金の返還を売主で請求したく考えております。売主、仲介会社より詐欺によりだまされたとの認識です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 埼玉県川口市です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 11/25の引渡日前の11/21に解約通知を売主に発送しました。解約通知のひな型には「手付金は放棄し」とありましたが上記経緯から手付金の返還を請求致しますと書きかえて送付しました。
はじめまして、弁護士こだまと申します。

今回の件は、売買契約の内容と、すでに送ったという解約通知の内容がそれぞれ重要になりそうです。
売買契約において、売り主側が行うリフォームの内容についての詳細の定めはございましたでしょうか。
一方、お送りした解約通知は、どのような理由で解約をするという内容になっておりますでしょうか。
それぞれ、現物を見たほうが確実ではあるのですが、このスレッドも後々公開されてしまうようなので、差しさわりのない範囲でご教示ください。
質問者: 返答済み 7 日 前.
35299;約通知には理由は書いておりません。解約通知の雛型を参考にしながら手付金放棄の部分を変換請求しますと書き換えました。解約の理由は電話で売り主と仲介に伝えております

ご返信ありがとうございます。
もう一つのご質問である、リフォーム内容に関する契約上の内容については、いかがでしょうか。売買契約書等に明記はされていそうでしょうか。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12373;れてないです

そうなると、結論としては、相手方が、今回のリフォームの内容を誤って実施したか次第になりそうです。
その際には、ご相談者様と売り主側で話し合ったリフォームに関する打ち合わせ等の記録が重要になりそうですので、
それについては今からでも集められるだけ集めておかれるのが適切かと存じます。

売買契約において手付が交付された場合、その他に何ら解除原因なく、こちらの都合で解約したいとなった場合には、手付を放棄して解約をしなければならないというのは、残念ながら相手方の言い分どおりになってしまいます。
これに対して、相手方に契約上の責任があって、解除されるのもやむを得ないという状況がある場合、手付を利用した解約ではなく、端的に契約の解除を行うことができます。
そして、契約の解除をした場合については、契約が全くなかった状態にまで巻き戻されることになりますので、相手方は売買契約に付随して提供された手付金についても、返金を行う義務が生じるということになります。

つまり、今回は、ご相談者様は、相手方が売買契約上の義務を履行していないので契約を解除するという前提で対応をしないと、手付金の返金を求めることができないということになります。
そのためには、相手方が、今回の売買契約において果たすべきであったリフォームを行っていない等、売買契約上の落ち度があるということを主張し、また、それを理由にした解除の通知を行う必要があります。

今回、送られたという解約の通知には、特に理由の記載はないということですので、こちらは、解除の通知としても流用できると思います。あとは、相手方側に売買契約上の落ち度があるか次第になりそうです。

ご質問に対する直接のご回答としては以上になるのですが、ほかに何かご質問されたい点はございますでしょうか。
ご質問は以上でよろしそうでしたら、よろしければ、本対応についてご評価をいただき、このスレッドを閉じていただければと思います。

こだま弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございました。

法律 についての関連する質問