ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 617
経験:  Expert
115060218
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

一昨日、衣装のオーダーメイドの納期遅延について相談したものです。続きの相談をしたいと思いコメントしました。お願いします。

ユーザー評価:

一昨日、衣装のオーダーメイドの納期遅延について相談したものです。続きの相談をしたいと思いコメントしました。お願いします。
弁護士の山本です。
ご相談お待ちしております。
質問者: 返答済み 9 日 前.
32013;期確認のメールをしたのですが、営業日カレンダーを確認したところ22日〜24日が休みで、26日には間に合わないと思われ、キャンセルの意志をメールしました。
その際に、「11月中になります」との文面もあったこともあげて、26日までと考えていましたと伝えました。その上で、債務不履行と考えて、全額返金の対応可能でしょうかと聞いてみました。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12381;うしましたらお世話になっております。
現在コロナウィルスの影響で、頻繁に工場と市場が閉鎖されている状態でお時間がかかっており、大変お待たせ致しております。
大変申し訳ございません。
以前のような混乱にはならないと思いますので、1月中の完成予定で進めさせて頂いております。
大変恐れ入りますが、最短での予定のご連絡はさせて頂いておりますが、11月26日の納品の保証は致しておりませんので、再度ご確認の上ご了承くださいますようお願いいたします。(ホームページや規約にも記載をさせて頂いておりますが、1からのオーダーメイド制作ですので、納期の保証は行っておりません。)
(オーダーメイドでの制作途中でのキャンセルは、商品代金の80%のキャンセル代金が発生致します。)
遅くとも1月には完成すると思いますが、いくらやり直しや大きな修正などが多く発生した場合にも、2月を超える事はございませんので、今回特別に完成期日を保証させて頂きたいと思います。
保証と致しまして、もし2月末日を過ぎても完成しない場合は、全額返金をさせて頂きまして、その時点での衣装は全てを無料でプレゼントさせて頂きます。
送料なども全て負担させて頂きます。
もちろん保証をさせて頂く期日より出来るだけ早めに発送できるように引き続き進めさせて頂きます。
今回、こちらが出来る限りの対応ですので、ご理解の上ご了承下さいますようお願い致します。
只今土日も対応をさせて頂きまして、出来るだけ優先して進めさせて頂きいておりますので、これ以上早める事ができませんが、引き続きよろしくお願い致します。このようにメールが来ました。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12418;ともとのキャンセルの利用規約に、
オーダーメイドのため納期の保証ができない
キャンセルの場合は、1から作成するオーダーメイドのため、注文を承ってからのキャンセルは80%の代金をキャンセル料としていただきますとありました。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12371;の規約があるのであれば、了承した上で申し込んだことになり、キャンセル料は80%払うことになり、返金は20%となりますよね。
申込みはネット上ですか?
申込み前に規約確認の注意喚起はありましたか?
質問者: 返答済み 9 日 前.
30003;込みはネット上です。
メールを確認しましたが、改めて規約確認を促す一文はありませんでした。
サイトのURLを教えてください。
質問者: 返答済み 9 日 前.
http://53five-three.com/
です
質問者: 返答済み 9 日 前.
12418;ともと口コミが良くないのに、気づかず申し込んでしまいました。今は後悔してます‥
用事があるので、少しお時間ください。
オーダーフォーム上に、見やすく、「上記ページにて、ご利用規約を確認・理解・同意致しました。」のチェックがありますので、利用規約の合意は認められてしまいます。ただ、キャンセル料については消費者保護法第9条第1号による規制があります。
キャンセルによって事業者に生ずる「平均的な損害」しかキャンセル料は取れない、というものです。本件の、8割のキャンセル料が「平均的な損害」といえるかが問題となりますが、申込みから即時のキャンセルではなく時間が経った後のキャンセルであるため、材料費やこれまでの人件費を考えると、無効だと主張するのは困難かと思います。しかし、質問者様のオーダーに対して、全く手をつけていなかった、という場合には、無効だと主張することができそうです。そこで、進捗を詳細に聞いてから、判断すべきかと考えます。
質問者: 返答済み 8 日 前.
12393;こまで制作が進んでいるのか、詳細を聞いてから、キャンセル料の割合の妥当性をみるというところでしょうか。
その通りです。全く手をつけていないのに8割のキャンセル料を取ることは、消費者契約法に違反して、規約は無効ないし一部無効になります。難しいかもしれませんが、消費者庁のこの解説をざっと見てみてください。https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/meeting_materials/assets/consumer_system_cms101_210401_04.pdf
質問者: 返答済み 8 日 前.
35443;細とは、どの作成段階まできているか、どのくらい費用がかかっているかなどを聞くでよろしいでしょうか。
事実を教えていただけるかはわかりませんが。
聞く事項はそれでよいです。
質問者: 返答済み 8 日 前.
12513;ールしてみました。返答を見て、また相談させていただくと思います。相談にのっていただけると幸いです。
了解しました。いったんここまでの回答にご評価いただけますと幸いです。
山本弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問