ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 9499
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

お世話になります。 アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか? 質問者様:

ユーザー評価:

お世話になります。
アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか?
質問者様: 私の後輩が奥さんの元彼より嫌がらせを受けており
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: すみません。 途中で送信してしまっています。静岡県浜松市です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 書面が元カレから届き、その文章の最後にこの内容は第三者に口外しないと確約していただけるものとします。という文が一方的に入っているのですがこれは有効かどうかです。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

回答まで少々お待ちください。

質問者: 返答済み 7 日 前.
21021;めまして。松浦と申します。宜しくお願い致します。後輩とその奥さんが元彼から嫌がらせをうけている相談になります。
質問者: 返答済み 7 日 前.
20803;彼のお父さんが亡くなった時(春)、後輩の奥さんが香典をわたしました。後輩と奥さんは10月に結婚式をあげたのですが、結婚式の前日に奥さんの実家へ香典と書面が元彼から送られてきました。そこには香典や別れる時の精神的苦痛を受けたと文句がかかれておりました。その文章の最後にこのことは第三者に口外しないと確約して頂けるものとしますというのがありました。これは法的拘束力があるものでしょうか?
質問者: 返答済み 7 日 前.
12414;た、第三者とは誰にあてはまるのでしょうか?今回元彼は奥さんの実家に郵送しております。香典は奥さんのものであり、そもそも奥さんの実家は第三者ではないでしょうか?申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

貴方の後輩が奥様の元彼から嫌がらせを受けているということですがその元彼が一方的に言ってきている「この内容は第三者に口外しないと確約していただけるものとします。」というのは、その私人である元彼が自分で言っているだけですから、法的拘束力がありません。

そして、元彼がしている奥様の実家に郵送物を送ってきているという行為の方が名誉棄損罪に該当する可能性があります。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;返信ありがとうございます。やっぱり拘束力はないものなんですね。よかったです。
私、後輩、後輩の奥さん、元彼(私の友人でもあります)は町内が同じ為、今後も顔を合わせる可能性があります。この紛争を収めるにはどのようなものが効果的と考えられるでしょうか?奥さんと元彼が分かれたのはもう3年以上前ですが、示談書を書かせる。もしくは今回の行動に対して厳格な対応(名誉毀損罪を考える)をとる。後者の場合、報復行為があるのではと危険性も少々感じています。なかなか状況が見えずらいと思いますが宜しくお願い致します。

そうですね、紛争を収めるには、民事調停の申し立てをすることが最適かと存じます。民事調停とは、裁判所において、調停委員会が紛争の当事者を仲介し、紛争当事者間の話合いにより紛争を解決しようとする紛争解決制度です。当事者双方の話し合いによる合意に基づいて紛争の解決を図る手続であり、調停委員会が第三者として当事者双方の言い分を聞いて、調停案を提案してくれます。今回のような法律で裁くような案件ではない問題でも扱ってくれますので利用しやすいです。 解決までにかかる期間も裁判より短く、申し立て手数料も訴訟に比べ約半額程度と低く(手数料は数百円~数千円のみで済みます。)設定されています 。調停は当事者同士の裁判所 での話し合いと合意によって紛争の解決を図る手続ですので、争うという形ではなく、当事者同士ではどうしてもうまく交渉ができないから第三者に入ってもらうという気持でもいいかと存じます。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございます。後輩と相談してみます。色々ありがとうございました。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。いい方向に進みますことお祈りしています。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

Loweをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問